ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

タグ:農民文学

nagatsukatakashitsuchi01
 今日は、明治時代後期の1910年(明治43)に、長塚節著の小説『土』が「東京朝日新聞」に連載開始された日です。
 『土』(つち)は、明治時代後期の1910年(明治43)6月13日~11月17日にかけて「東京朝日新聞」に151回にわたって連載された、長塚節著の長編小説でした。翌々年5月に春陽堂より、夏目漱石による序文『「土」に就て』が付され刊行されています。
 作者の郷里茨城県の鬼怒川沿いの農村を舞台に、貧農の勘次一家の生活を描いたものでした。農村の自然、風俗、土と闘う姿を写生的に精密に描写し、農民文学の傑作とされています。
 その後、1939年(昭和14)に日活映画として、内田吐夢監督によって映画化(主演は小杉勇)され、第1回文部大臣賞、第16回キネマ旬報ベスト・テン第1位に選ばれました。

〇長塚 節(ながつか たかし)とは?

 明治時代後期から大正時代に活躍した歌人・小説家で、1879年(明治12)4月3日に、茨城県岡田郡国生村(現在の常総市国生)の豪農の家に生まれました。その後、茨城尋常中学校(現水戸一高)に進みましたが、病気のために4年で退学し、故郷に戻って健康回復をはかることになります。
 この頃から文学に親しみ短歌をつくり始め、雑誌に投稿してしばしば入選するようになりました。1900年(明治33)に、正岡子規を訪ねて入門し、子規没後はアララギ派の中心の一人となります。
 1907年(明治40) に写生文「佐渡が島」を『ホトトギス』に発表し、高浜虚子に評価されました。1910年(明治43)には、夏目漱石の勧めで、東京朝日新聞に小説「土」が連載され、その後農民文学の不朽の名作となります。
 その翌年に喉頭結核の診断を下され、療養しながらも歌は詠み続けました。しかし、治療の甲斐なく、1915年(大正3)2月8日には、九州帝国大学医科大学(現九州大学医学部)付属病院において、36歳の若さで没しています。

<代表的な歌
「馬追虫の 髭のそよろに 来る秋は まなこを閉ぢて 思い見るべし」
「歌人の 竹の里人 おとなへば やまひの牀に 絵をかきてあり」

☆長塚節の主要な著作

<歌集>
・「青草集」 (1906年)
・「初秋の歌」 (1908年)
・「濃霧の歌」 (1909年)
・「鍼(はり)の如く」(1914~15年)

<写生文>
・「炭焼のむすめ」 (1906年)
・「佐渡ヶ島」(1907年)

<小説>
・短編「芋掘り」(1908年)
・短編「開業医」 (1909年)
・短編「おふさ」 (1909年)
・長編「土」(1910年)

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1582年(天正10)山崎の戦いで明智光秀が羽柴秀吉に敗れ、敗走中土民に殺される(新暦7月2日)詳細
1615年(慶長20)江戸幕府により「一国一城令」が出される(新暦8月7日)詳細
1798年(寛政10)本居宣長が約35年を費した『古事記伝』全44巻が完成する(新暦7月26日)詳細
1924年(大正13)土方与志・小山内薫らが築地小劇場を開場する詳細
1931年(昭和6)医学者・細菌学者・教育者北里柴三郎の命日詳細
1998年(平成10)北海道室蘭市に白鳥大橋が開通する詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

itoueinosuke01

 今日は、明治時代後期の1903年(明治36)に、小説家伊藤永之介の生まれた日です。
 伊藤永之介(いとう えいのすけ)は、秋田県秋田市において、父・伊藤祐義、母・ムメの五男(二人は夭折)としてに生まれましたが、本名は栄之助と言いました。1918年(大正7)に秋田県中通尋常小学校を卒業、日本銀行秋田支店の行員見習いとなったものの、1920年(大正9)に辞めて、翌年には新秋田新聞社に入社、『酒』が「国民新聞」懸賞小説一等に入選します。
 1922年(大正11)に同人誌「詩星」、「金砂(かなさ)」、「ボーフラ」に文芸評論などを発表し始め、1924年(大正13)には、同郷の金子洋文を頼って上京し、やまと新聞社に入社しました。1925年(大正14)に雑誌「潮流」に加入、1928年(昭和3)には、労農芸術家連盟(労芸)に参加、「文芸戦線」に小説『見えない鉱山』を発表して、プロレタリア文学の新進作家として注目を浴びます。
 1931年(昭和6)に雑誌「改造」に小説『万宝山』を発表、翌年に労農芸術家連盟(労芸)が解散すると、青野季吉、金子洋文らと労農文化連盟を結成しました。プロレタリア文学衰退とともに数年間沈黙し、1936年(昭和11)に『梟』が芥川賞候補となり、1938年(昭和13)の『鶯』で新潮文芸賞を受賞します。
 鳥類ものと称される以降の作品群は東北農民の無知や悲惨さを共感を込めて描き、独自の農民文学を開拓しました。太平洋戦争後は、1947年(昭和22)に日本人民文学会に参加、1951年(昭和26)に文戦作家クラブを結成、1952年(昭和27)に『警察日記』を刊行(1955年に映画化)します。
 1953年(昭和28)に『五郎ぎつね』で第2回小学館児童文化賞奨励賞を受賞、翌年に和田伝らと日本農民文学会を結成、1956年(昭和31)には会長に就任しました。戦後の農民文学再建に意を注ぎましたが、1959年(昭和34)7月26日に、東京都渋谷区上原の自宅において、脳溢血のため55歳で亡くなっています。

〇伊藤永之介の主要な著作

・『酒』(1921年)「国民新聞」懸賞小説一等入選
・『見えない鉱山 (やま) 』(1928年)
・『恐慌』(1929年)
・『暴動』(1930年)
・『総督府模範竹林』(1930年)
・『万宝山』(1931年)
・『梟(ふくろう)』(1936年)第4回・第6回芥川賞候補
・『鴉 (からす) 』(1938年)第7回芥川賞候補
・『鶯(うぐいす)』(1938年)第2回新潮文芸賞受賞
・『湖畔の村』(1939年)
・『雪代とその一家』(1949年)
・『警察日記』(1952年)
・『五郎ぎつね』(1953年)小学館児童文化賞奨励賞受賞
・『なつかしい山河』(1954年)
・『続警察日記』(1955年)

☆伊藤永之介関係略年表

・1903年(明治36)11月21日 秋田県秋田市において、父・伊藤祐義、母・ムメの五男(二人は夭折)としてに生まれる
・1910年(明治43) 秋田県中通尋常小学校へ入学する
・1918年(大正7) 秋田県中通尋常小学校を卒業、日本銀行秋田支店の行員見習いとなる
・1920年(大正9) 日本銀行秋田支店の行員見習いを辞める
・1921年(大正10) 新秋田新聞社に入社、『酒』が「国民新聞」懸賞小説一等に入選する
・1922年(大正11) 同人誌「詩星」、「金砂(かなさ)」、「ボーフラ」に文芸評論などを発表し始める
・1924年(大正13) 同郷の金子洋文を頼って上京し、やまと新聞社に入社する
・1925年(大正14) 雑誌「潮流」に加入する
・1927年(昭和2) 輝子と結婚し、渋谷区代々木上原の一軒家に所帯を持つ
・1928年(昭和3) 労農芸術家連盟(労芸)に参加、「文芸戦線」に小説『見えない鉱山』を発表、プロレタリア文学の新進作家として注目を浴びる
・1931年(昭和6) 「改造」に小説『万宝山』を発表する
・1932年(昭和7) 労農芸術家連盟(労芸)が解散、青野季吉、金子洋文らと労農文化連盟を結成する
・1936年(昭和11) 『梟(ふくろう)』が芥川賞候補となる
・1938年(昭和13) 『鶯(うぐいす)』で新潮文芸賞を受賞する
・1947年(昭和22) 日本人民文学会に参加する
・1951年(昭和26) 文戦作家クラブを結成する
・1952年(昭和27) 『警察日記』を刊行する
・1953年(昭和28) 『五郎ぎつね』で第2回小学館児童文化賞奨励賞を受賞する
・1954年(昭和29) 和田伝(つとう)らと日本農民文学会を結成する
・1955年(昭和30) 『警察日記』が日活製作・配給、久松静児監督、森繁久彌主演で映画化される
・1956年(昭和31) 日本農民文学会の会長に就任する
・1959年(昭和34)7月26日 東京都渋谷区上原の自宅において、脳溢血のため55歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1956年(昭和31)歌人・美術史家・書道家会津八一の命日(八一忌・秋艸忌)詳細
1969年(昭和44)俳人石田波郷の命日詳細
1978年(昭和53)第20回ユネスコ総会で「体育およびスポーツに関する国際憲章」が採択される詳細


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ