ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

タグ:細菌学者

futagikenzou01
 今日は、明治時代前期の1873年(明治6)に、医師・細菌学者二木謙三の生まれた日です。
 二木謙三(ふたぎ けんぞう)は、秋田県秋田市土手長町(現在の千秋明徳町)において、秋田藩主の侍医であった父・樋口順泰、母・ヱイの二男として生まれましたが、1876年(明治9)には、土崎港に住まいする二木家の養子となりました。1893年(明治26)に秋田中学を卒業し、仙台の官立第二高等学校(東北大学教養部の前身)に進学したものの、神経衰弱に襲われて休学後、官立山口高等学校に転校します。
 その後、東京帝国大学医科大学に進み、1901年(明治34)に卒業、直ちに東京市駒込病院(現:東京都立駒込病院)に勤務、伝染病研究のかたわら食べ物に関する研究に注力しました。1903年(明治36)に志賀潔発見の赤痢菌と異なる2種の赤痢菌(駒込A・B菌と名付けられる)を発見、赤痢病原多元説の基礎を確立します。
 1905年(明治38)にドイツへ留学し、ミュンヘン医科大学衛生学教室で細菌学、免疫学を専攻、1908年(明治41)に帰国し、翌年には駒込病院副院長となり、東大伝染病研究所や医科大学で研究を続け、医学博士となり、東京帝国大学講師も兼務しました。1914年(大正3)に助教授に昇任して、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の第4代病院長となります。
 1917年(大正6)に高木逸麿らと鼠咬症スピロヘータを発見、1919年(大正8)には、駒込病院の第5代院長となり、二木式保健学の出発点となる『保健学』を刊行しました。1921年(大正10)に東京帝国大学教授に昇任し、1923年(大正12)に日本医科大学教授を兼任、1924年(大正13)には、嗜眠(しみん)性脳炎や流行性脊髄炎と異なる病原の分離に成功、夏季脳炎(現在の日本脳炎)として発表します。
 1926年(大正15)に日本伝染病学会(1974年に日本感染症学会に改称)を創立し、初代会長となり、1929年(昭和4)に共同研究「鼠咬症の実験的研究」で、帝国学士院賞を受賞、1931年(昭和6)には、駒込病院の第5代院長を辞めました。1932年(昭和7)に豊島岡女子学園理事長に就任し、『古史読本』を編纂、1933年(昭和8)に東京帝国大学名誉教授となり、1939年(昭和14)には、東宮御成婚記念賞を受賞します。
 1951年(昭和26)に日本学士院会員となり、1955年(昭和30)に文化勲章を受章、1966年(昭和41)には、勲一等瑞宝章も受章しましたが、4月27日に東京において、老衰により、93歳で亡くなりました。

〇二木謙三の主要な著作

・『栄養の適応と体質改善』(1943年)
・『健康への道 : 完全正食の医学』(1957年)
・『完全にして正しき食物』(1961年)
・『二木博士講話集』(1966年)
・『食べ物と病気 : 栄養の適応と体質改善』(1969年)

☆二木謙三関係略年表

・1873年(明治6)1月10日 秋田県秋田市土手長町(現在の千秋明徳町)において、秋田藩主の侍医であった父・樋口順泰、母・ヱイの二男として生まれる
・1876年(明治9) 土崎港に住まいする二木家の養子となる
・1893年(明治26) 秋田中学を卒業し、仙台の官立第二高等学校(東北大学教養部の前身)に進学する
・1901年(明治34) 東京帝国大学医学部を卒業、直ちに東京市駒込病院(現:東京都立駒込病院)に勤務、伝染病研究のかたわら食べ物に関する研究に注力する
・1903年(明治36) 志賀潔発見の赤痢菌と異なる2種の赤痢菌(駒込A・B菌と名付けられる)を発見、赤痢病原多元説の基礎を確立する
・1905年(明治38) ドイツへ留学し、ミュンヘン医科大学衛生学教室で細菌学、免疫学を専攻する
・1908年(明治41) ドイツ留学より帰国する
・1909年(明治42) 駒込病院副院長となり、東大伝染病研究所や医科大学で研究を続け、医学博士となり、東京帝国大学講師も兼務する
・1914年(大正3) 東京帝国大学助教授に昇任して、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の第4代病院長となる
・1917年(大正6) 高木逸麿らと鼠咬症スピロヘータを発見する
・1919年(大正8) 駒込病院の第5代院長となり、二木式保健学の出発点となる『保健学』を刊行する
・1921年(大正10) 東京帝国大学教授を兼任する
・1923年(大正12) 日本医科大教授を兼任する
・1924年(大正13) 嗜眠(しみん)性脳炎や流行性脊髄炎と異なる病原の分離に成功、夏季脳炎(現在の日本脳炎)として発表する
・1926年(大正15) 日本伝染病学会(1974年に日本感染症学会に改称)を創立し、初代会長となる
・1929年(昭和4) 共同研究「鼠咬症の実験的研究」で、帝国学士院賞を受賞する
・1931年(昭和6) 駒込病院の第5代院長を辞める
・1932年(昭和7) 豊島岡女子学園理事長に就任し、『古史読本』を編纂する
・1933年(昭和8) 東京帝国大学名誉教授となる
・1939年(昭和14) 東宮御成婚記念賞を受賞する
・1951年(昭和26) 日本学士院会員となる
・1955年(昭和30) 文化勲章を受章する
・1966年(昭和41)4月27日 勲一等瑞宝章を受章、東京において、老衰により、93歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1871年(明治4)文芸評論家・演出家・劇作家・小説家・詩人島村抱月の誕生日(新暦2月28日)詳細
1891年(明治24)刑法学者・弁護士小野清一郎の誕生日詳細
1920年(大正9)東京帝国大学経済学部助教授の森戸辰男が筆禍事件(森戸辰男事件)により休職処分を受ける詳細
1922年(大正11)政治家・教育者大隈重信の命日詳細
1947年(昭和22)小説家織田作之助の命日詳細
1951年(昭和26)「日本の現代物理学の父」とも言われる物理学者仁科芳雄の命日詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

umezawahamao01
 今日は、昭和時代後期の1986年(昭和61)に、医学者・細菌学者・生化学者梅澤濱夫の亡くなった日です。
 梅澤濱夫(うめざわ はまお)は、1914年(大正3)10月1日に、福井県小浜市において、医師で小浜病院院長であった父・梅澤純一(医学博士)の次男としてて生まれましたが、1923年(大正12)に父・純一が札幌鉄道病院長に任命されたのを機に、家族で札幌へ移住しました。1931年(昭和6)に東京の武蔵高校に入学し、1933年(昭和8)に卒業後、東京帝国大学医学部へ進みます。
 1937年(昭和12)に東京帝国大学医学部を卒業後、同大学の細菌学教室に入り、細菌の取り扱い方などを学びました。その後、千葉県習志野の陸軍病院に召集されましたが、1943年(昭和18)に召集解除され、東京帝国大学医学部細菌学教室の助手に就任します。
 1944年(昭和19)につくられたペニシリンの開発研究組織(後の碧素委員会)に参加、藤原工業大学(現、慶応義塾大学工学部)助教授の長兄純夫と共に日本で初めてペニシリンの分離に成功しました。同年に東京帝国大学助教授ともなり、翌年には、「ヘンリー氏マラリア血清反応に関する研究」で医学博士を取得しています。
 1947年(昭和22)に国立予防衛生研究所の抗生物質部長となり、1953年(昭和28)に、抗生物質ザルコマイシンを発見しました。1954年(昭和29)に東京大学応用微生物研究所の教授を兼任、1957年(昭和32)には、結核治療薬カナマイシンを発見、それにより、翌年に朝日賞を受賞、また、その特許料で財団法人微生物化学研究会を設立して理事長となります。
 そして、科学技術庁長官賞科学技術功労者表彰(1959年)、レジオンドヌール勲章(1961年)、日本学士院賞、フランス政府から衛生保健文化賞、文化勲章(1962年)など数々の栄誉にも輝きました。その後も、ブレオマイシン発見(1963年)、カスガマイシン発見(1964年)、ジョサマイシン発見(1965年)、アルベカシン創製(1973年)、ピラルビシン創製(1979年)など、抗生物質の研究で世界をリードします。
 これらの功績により、1980年(昭和55)にパウル・エールリヒ&ルートヴィヒ・ダルムシュテッター賞受賞、1981年(昭和56)にレオポルド・グリフエル賞受賞、1983年(昭和58)に国際化学療法学会賞受賞など国際的に評価されたものの、1986年(昭和61)12月25日に、東京において、72歳で亡くなりました。

〇梅澤濱夫関係略年表

・1914年(大正3)10月1日 医師梅澤純一(医学博士、元小浜病院院長、元札幌鉄道病院院長)の次男として福井県小浜市にて生まれる
・1923年(大正12) 父・純一が札幌鉄道病院長に任命されたのを機に、家族で札幌へ移住する
・1931年(昭和6) 武蔵高校に入学する
・1933年(昭和8) 武蔵高校を卒業し、東京帝国大学医学部へ入学する 
・1937年(昭和12) 東京帝国大学医学部を卒業、同大学の細菌学教室に入り、細菌の取り扱い方などを学ぶ。
・1943年(昭和18) 召集解除され、東京帝国大学医学部細菌学教室の助手に就任する
・1944年(昭和19) 東京帝国大学助教授となり、梅澤純夫と共に日本で初めてペニシリンの分離に成功する
・1945年(昭和20) 「ヘンリー氏マラリア血清反応に関する研究」で東京大学から医学博士を得る 
・1947年(昭和22) 国立予防衛生研究所の抗生物質部長となる
・1953年(昭和28) 抗生物質ザルコマイシンを発見する
・1954年(昭和29) 東京大学応用微生物研究所の教授を兼任する
・1957年(昭和32) 結核治療薬カナマイシンを発見する
・1958年(昭和33) 朝日賞(抗生物質の研究、とくにカナマイシンの発見)
・1959年(昭和34) カナマイシンの特許料で財団法人微生物化学研究会を設立して理事長となり、科学技術庁長官賞科学技術功労者の表彰を受ける
・1961年(昭和36) レジオンドヌール勲章を受章する
・1962年(昭和37) 財団法人微生物化学研究会微生物化学研究所所長となり、日本学士院賞、フランス政府から衛生保健文化賞、文化勲章を受章する
・1963年(昭和38) ブレオマイシンを発見する
・1964年(昭和39) イネのいもち病にきくカスガマイシンを発見する
・1965年(昭和40) ジョサマイシンを発見する
・1966年(昭和41) ブレオマイシンという抗生物質を制癌剤として利用する方法を創始する
・1971年(昭和46) 藤原賞を受賞する
・1973年(昭和48) アルベカシンを創製する
・1976年(昭和51) 高松宮妃癌研究基金学術賞を受賞する
・1977年(昭和52) 東京大学名誉教授となる
・1979年(昭和54) ピラルビシンを創製する
・1980年(昭和55) パウル・エールリヒ&ルートヴィヒ・ダルムシュテッター賞を受賞する
・1981年(昭和56) レオポルド・グリフエル賞を受賞する
・1983年(昭和58) 国際化学療法学会賞 (ISC Award)を受賞する
・1986年(昭和61)12月25日 東京において、72歳で亡くなり、勲一等瑞宝章、従三位が追贈される 

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1783年(天明3)俳人・画家与謝蕪村の命日(新暦1784年1月17日)詳細
1899年(明治32)小説家尾崎一雄の誕生日詳細
1988年(昭和63)小説家・評論家大岡昇平の命日詳細
1997年(平成9)小説家・文芸評論家・詩人中村真一郎の命日詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

kitazatoshibasaburou01

 今日は、昭和時代前期の1931年(昭和6)に、医学者・細菌学者・教育者北里柴三郎の亡くなった日です。
 北里柴三郎(きたざと しばさぶろう)は、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) 肥後国北里村(現在の熊本県阿蘇郡小国町)の総庄屋だった父・北里帷信、母・貞の長男として生まれました。1866年(慶応2)に熊本に出て、田中司馬(儒者、医学)の塾に入門、1869年(明治2)には、細川藩の藩校時習館に入寮したものの、翌年に廃止され、1871年(明治4)に熊本の医学所病院(のち熊本医学校)に入り、蘭医マンスフェルトに師事します。
 1875年(明治8)に上京して、東京医学校(現在の東京大学医学部)に入学しましたが、教授と折り合いが悪く、何度が留年して、1883年(明治16)に卒業しました。卒後、行政官を志し内務省衛生局に入り、局長長与専斎の細菌学導入計画に加わり、1884年(明治17)にドイツ留学が決まり、翌年には、ドイツのコッホの研究室に入ります。
 1889年(明治22)にベーリングとともに世界で最初に破傷風菌の純粋培養に成功、翌年には、ベーリングと共著で「ジフテリアおよび破傷風の血清治療について」という免疫血清治療発見の論文を発表し、世界的な評価を得ました。1892年(明治25)に日本へ帰国し、内務省へ復職、芝公園に私立伝染病研究所を設立、翌年には、日本初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」を開設します。
 1894年(明治27)に官命により香港のペスト流行を調査しペスト菌を発見、1899年(明治32)には、伝染病研究所が内務省管轄となり、以後所長として防疫指導にあたりました。1913年(大正2)に日本結核予防協会を設立し、理事長となったものの、翌年に大隈重信内閣が突如、伝染病研究所を東京帝国大学の組織下に移すことを発表、それに反対し、全職員と共に辞職、私財をもって北里研究所を創立し、初代所長となります。
 1915年(大正4)に「恩賜財団済生会芝病院」(現・東京都済生会中央病院)設立とともに初代院長となり、1917年(大正6)には、慶応義塾大学医学部創設に際し医学科長に就任しました。この間、1906年(明治39)に帝国学士院会員、1908年(明治41)に日本人初のイギリスのロイヤル・ソサエティの外人会員、1917年(大正6)に貴族院議員、1923年(大正12)に日本医師会が創設され、初代会長、1924年(大正13)には、男爵にも叙せられています。
 1928年(昭和3)に慶応義塾大学医学部長を辞任、顧問に就任しましたが、1931年(昭和6)6月13日に、東京において、脳出血により78歳で急逝しました。

北里柴三郎関係略年表(明治5年以前の日付は旧暦です)

・1853年1月29日(嘉永5年12月20日) 肥後国北里村(現在の熊本県阿蘇郡小国)町)の総庄屋だった父・北里帷信、母・貞の長男として生まれる
・1866年(慶応2年) 熊本に出て、田中司馬(儒者、医学)の塾に入門する
・1869年(明治2年12月) 細川藩の藩校時習館に入寮する
・1870年(明治3年7月) 藩校時習館が廃止される
・1871年(明治4年2月) 熊本の医学所病院(のち熊本医学校)に入り、蘭医マンスフェルトに師事する
・1875年(明治8年)4月 東京医学校(現在の東京大学医学部)に入学する
・1883年(明治16年)7月 東京大学医学部(東京医学校の後身)を卒業する
・1883年(明治16年)11月 行政官を志し内務省衛生局に入り、局長長与専斎の細菌学導入計画に加わる
・1884年(明治17年)2月 ドイツ留学より帰った東大教授緒方正規が兼務する衛生試験所細菌室で学ぶ
・1885年(明治18年)1月 ドイツに留学してコッホの研究室に入る
・1889年(明治22年) ベーリングとともに世界で最初に破傷風菌の純粋培養に成功する
・1890年(明治23年) ジフテリアの免疫研究者E・ベーリングと共著で「ジフテリアおよび破傷風の血清治療について」という免疫血清治療発見の論文を発表する
・1891年(明治24年)8月 医学博士の学位を受ける
・1892年(明治25年) 日本へ帰国し、内務省へ復職する
・1892年(明治25年) 芝公園に私立伝染病研究所を設立する
・1893年(明治26年) 日本初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」を開設する 
・1894年(明治27年) 官命により香港のペスト流行を調査しペスト菌を発見する
・1899年(明治32年) 伝染病研究所が内務省管轄となり、以後北里は伝染病研究所所長として防疫指導にあたる
・1906年(明治39年) 帝国学士院会員となる
・1908年(明治41年) 日本人として初めてイギリスのロイヤル・ソサエティの外人会員に選ばれる
・1913年(大正2年) 日本結核予防協会を設立し、理事長となる
・1914年(大正3年)10月 大隈重信内閣が突如、伝染病研究所を東京帝国大学の組織下に移すことを発表、北里は反対し、彼と全職員が辞職する
・1914年(大正3年)11月 私財をもって北里研究所を創立し、初代所長となる
・1915年(大正4年) 「恩賜財団済生会芝病院」(現・東京都済生会中央病院)設立とともに初代院長となる
・1917年(大正6年) 慶応義塾大学医学部創設に際し医学科長に就任する
・1917年(大正6年) 貴族院議員となる
・1923年(大正12年) 日本医師会が創設され、初代会長となる
・1924年(大正13年)2月 男爵に叙せられる
・1928年(昭和3年)5月 慶応義塾大学医学部長を辞任、顧問に就任する
・1931年(昭和6年)6月13日 東京において、脳出血により78歳で急逝する

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1615年(慶長20)江戸幕府により「一国一城令」が出される(新暦8月7日)詳細
1924年(大正13)土方与志・小山内薫らが築地小劇場を開場する詳細
1998年(平成10)北海道室蘭市に白鳥大橋が開通する詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

noguchihideyo01

 今日は、明治時代前期の1876年(明治9)に、医師・細菌学者野口英世の生まれた日です。
 野口英世(のぐち ひでよ)は、福島県耶麻郡翁島村(現在の猪苗代町)の貧農の父・佐代助と母・シカの長男として生まれましたが、初名は清作と言いました。生後1歳半の時に誤っていろりに落ち、左手に大やけどを負い、三ッ和小学校に入学するものの、左手が不自由で、「てんぼう」と言われていじめられます。
 猪苗代高等小学校に通っていた、1892年(明治25)に周囲の人々の援助で、渡部鼎医師の下で左手の手術を受け、不自由ながらも左手の指が使えるようになりました。1893年(明治26)に卒業後、渡部の経営する会陽医院に書生として住み込みで働き、医学の基礎を3年半学びます。
 1896年(明治29)に上京し、医術開業前期試験に合格、高山歯科学院の学僕となり、さらに済生学舎に入って学び、医術開業後期試験にも合格しました。1898年(明治31)に名前を清作から英世に改名し、伝染病研究所助手補となり、北里柴三郎に師事します。
 1899年(明治32)にアメリカの細菌学者フレクスナーが来日、その通訳を務めて、知遇を得、翌年渡米し、ペンシルベニア大学でその助手となり、蛇毒の研究を行いました。1903年(明治36)にデンマークへ渡り、コペンハーゲンの国立血清研究所でアレニウスとマドセンに血清学を学び、翌年アメリカに戻って、新設のロックフェラー医学研究所に勤めます。
 1911年(明治44)に梅毒病原スピロヘータの純培養に成功、世界的にその名を知られ、ノーベル賞候補にも挙げられ、京都帝国大学から医学博士を得ました。1914年(大正3)にロックフェラー研究所正所員に昇進、東京帝国大学から理学博士を得、1915年(大正4)には、帝国学士院恩賜賞を授与され、帰国して歓迎を受けます。
 1918年(大正7)に中部アメリカや南アメリカで熱病を研究、1923年(大正12)には帝国学士院会員となりました。1927年(昭和2)に黄熱病研究のために西南アフリカに赴きましたが、黄熱病に感染し、翌年5月21日に、英領ゴールド・コースト(現在のガーナ共和国)のアクラにおいて、51歳で亡くなっています。

〇野口英世関係略年表

・1876年(明治9)11月9日 福島県翁島村(現在の猪苗代町)の貧農の父・佐代助と母・シカの長男として生まれる
・1878年(明治11)4月 生後1歳半の時に誤っていろりに落ち、左手に大やけどを負う
・1883年(明治16) 三ッ和小学校に入学する
・1889年(明治22)4月 猪苗代高等小学校に入学する
・1892年(明治25)10月 渡部鼎の下で左手の手術を受け、不自由ながらも左手の指が使えるようになる
・1893年(明治26)3月 猪苗代高等小学校を卒業後、渡部の経営する会陽医院に書生として住み込みで働き、医学の基礎を学ぶ
・1896年(明治29) 上京し、医術開業前期試験に合格、高山歯科学院の学僕となる
・1897年(明治30) 済生学舎に入り、5ヶ月後、医術開業後期試験に合格する
・1898年(明治31)8月 名前を清作から英世に改名する
・1898年(明治31)10月 伝染病研究所助手補となり、北里柴三郎に師事する
・1899年(明治32)4月 アメリカの細菌学者フレクスナーが来日、その通訳を務める
・1900年(明治33) 渡米し、ペンシルベニア大学で病理学のフレクスナー教授の助手となり、蛇毒の研究を行う
・1902年(明治35) フレクスナーと連名で第1号の論文を発表する
・1903年(明治36) デンマーク、コペンハーゲンの国立血清研究所でアレニウスとマドセンに血清学を学ぶ
・1904年(明治37) アメリカに戻り、新設のロックフェラー医学研究所員となる
・1911年(明治44) 梅毒病原スピロヘータの純培養に成功、世界的にその名を知られ、京都帝国大学から医学博士を得る
・1913年(大正2) 梅毒スピロヘータが脳と脊髄の梅毒組織内に存在することを確かめる
・1914年(大正3) ロックフェラー研究所正所員に昇進、東京帝国大学から理学博士を得る
・1915年(大正4) 帝国学士院恩賜賞を授与され、帰国して歓迎を受ける
・1918年(大正7) 黄熱病原体解明のためエクアドルに赴き、病原スピロヘータを発見する
・1923年(大正12) 帝国学士院会員となる
・1926年(大正15) ペルーの悪性風土病オロヤ熱の病原体の純培養に成功する
・1927年(昭和2) 黄熱病研究のために西南アフリカに赴く
・1928年(昭和3)5月21日 黄熱病のため、英領ゴールド・コースト(現在のガーナ共和国)のアクラにおいて、51歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1963年(昭和38)三井三池炭鉱三川鉱(福岡県大牟田市)で粉塵爆発が起き、死者458人を出す詳細
鶴見事故で列車の三重衝突が起こり、死者161人・負傷者120人を出す詳細


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ