ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

タグ:滝川事件

obofujio01
 今日は、平成時代の1996年(平成8)に、法学者・弁護士於保不二雄の亡くなった日です。
 於保不二雄(おほ ふじお)は、明治時代後期の1908年(明治41)1月22日に、山口県下関市において生まれ、1928年(昭和3)に旧制第5高等学校文科甲類を卒業しました。その後、京都帝国大学法学部に進学し、1932年(昭和7)に卒業後、法学部助手となります。
 しかし、1933年(昭和8)の「滝川事件」で京都帝国大学を辞職し、立命館大学助教授となったものの、翌年には、京都帝国大学法学部助手として復帰しました。1935年(昭和10)に助教授(民刑事法専攻 民事法講座)に昇任、1943年(昭和18)には教授に昇任しています。
 1947年(昭和22)に京都帝国大学評議員(~1949年2月)となり、1949年(昭和24)に『相続法』、1950年(昭和25)に『親子(近代家族法の基礎理論)法律学体系第二部』、1951年(昭和26)に『民法総則講義』を刊行しました。1954年(昭和29)に再び、京都大学評議員(~1956年3月)となり、『財産管理権序説』を刊行します。
 翌年には、学位論文「財産管理権論序説」で、京都大学より、法学博士を授与されましたが、財産の帰属と管理を分離することを説き、賛否両論を巻き起こしたが受け入れられ、民法の各分野にわたる解釈体系を打ち立てました。1959年(昭和34)に京都大学法学部長(~1960年12月)となり、『債権総論』を刊行、1966年(昭和41)に谷口知平との共著『民法概説(3)親族・相続』、1967年(昭和42)には、奥田昌道と編纂『注釈民法(4)』も刊行しています。
 1971年(昭和46)に京都大学を退官し、名誉教授となり、『民法学の基礎的課題(上)』を刊行、弁護士となって活躍しました。1979年(昭和54)に勲二等旭日重光章を受章、1995年(平成7)には、文化功労者となったものの、1996年(平成8)1月14日に、京都府京都市の自宅において、肺癌のため、87歳で亡くなっています。

〇滝川事件(たきがわじけん)とは?

 昭和時代前期の1933年(昭和8)に京都帝国大学で発生した思想弾圧事件です。京都帝国大学法学部教授だった滝川幸辰が、1932年(昭和7)に『刑法読本』を出し、翌年の中央大学法学部での「トルストイの『復活』に現はれた刑罰思想」と題する講演が契機となり、その刑法学説が自由主義的な内容であったため、当時の文部大臣鳩山一郎から休職処分を下されたのち退官する事件が起きました。
 法学部教授会がこれに反対、教授31名から副手に至る全教官が辞表を提出して抗議の意思を示し、学生も抗議しましたが、結局政府の力に押切られ、思想および学問の自由、大学の自治への弾圧事件として知られます。当時、京都帝国大学法学部助手であった於保不二雄も抗議辞職し、立命館大学助教授となりましたが、翌年京都帝国大学へ復帰しました。
 滝川幸辰は退官後は大学に属さず、立命館大学で講師をするなどしながら法律研究を行い、1939年(昭和14)には弁護士登録して、刑事専門の弁護士として活躍します。太平洋戦争後、京都大学に復帰して法学部長となり、1948年(昭和23)には、日本刑法学会創立とともに初代理事長となりました。

〇於保不二雄の主要な著作

・『相続法』(1949年)
・『親子(近代家族法の基礎理論)法律学体系第二部』(1950年)
・『民法総則講義』(1951年)
・『財産管理権序説』(1954年)
・『債権総論』(1959年)
・『物権法(上)』(1966年)
・谷口知平との共著『民法概説(3)親族・相続』(1966年)
・奥田昌道と編纂『注釈民法(4)』(1967年)
・『民法学の基礎的課題(上)』(1971年)

☆於保不二雄関係略年表

・1908年(明治41)1月22日 山口県下関市において、生まれる
・1928年(昭和3) 旧制第5高等学校文科甲類を卒業する
・1932年(昭和7) 京都帝国大学法学部を卒業後、法学部助手となる
・1933年(昭和8) 「滝川事件」で京都帝国大学を辞職し、立命館大学助教授となる
・1933年(昭和9) 京都帝国大学法学部助手として復帰する 
・1935年(昭和10) 京都帝国大学法学部助教授(民刑事法専攻 民事法講座)となる
・1943年(昭和18) 京都帝国大学法学部教授(民刑事法専攻 民事法講座)となる
・1947年(昭和22) 京都帝国大学評議員(~1949年2月)となる
・1949年(昭和24) 『相続法』を刊行する
・1950年(昭和25) 『親子(近代家族法の基礎理論)法律学体系第二部』を刊行する
・1951年(昭和26) 『民法総則講義』を刊行する
・1954年(昭和29) 京都大学評議員(~1956年3月)となり、『財産管理権序説』を刊行する
・1955年(昭和30) 学位論文「財産管理権論序説」で、京都大学より、法学博士を授与される
・1959年(昭和34) 京都大学法学部長(~1960年12月)となり、『債権総論』を刊行する
・1966年(昭和41) 谷口知平との共著『民法概説(3)親族・相続』を刊行する
・1967年(昭和42) 奥田昌道と編纂『注釈民法(4)』を刊行する
・1971年(昭和46) 京都大学を退官し、名誉教授となり、『民法学の基礎的課題(上)』を刊行、弁護士登録をする
・1979年(昭和54) 勲二等旭日重光章を受章する
・1995年(平成7) 文化功労者となる
・1996年(平成8) 京都府京都市の自宅において、肺癌のため、87歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

允恭天皇42年第19代の天皇とされる允恭天皇の命日詳細
1602年(慶長7)江戸時代前期に活躍した絵師狩野探幽の誕生日(新暦3月7日)詳細
1866年(慶応2)兵法家・砲術家・高島流砲術の創始者高島秋帆の命日(新暦2月28日)詳細
1906年(明治39)分子物理学者・生物物理学者小谷正雄の誕生日詳細
1953年(昭和28)人類学者・考古学者・民族学者鳥居龍蔵の命日詳細
1978年(昭和53)ジャーナリスト・編集者・装幀家・「暮しの手帖」編集長だった花森安治の命日詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

takigawayukitoki01
 今日は、昭和時代前期の1933年(昭和8)に、鳩山一郎文部大臣が滝川幸辰京都帝国大学法学部教授を自由主義思想を理由に強制免官し、教授団と学生による抵抗運動(滝川事件)に発展した日です。
 滝川事件(たきがわじけん)は、文部省が京都帝国大学法学部教授滝川幸辰と京都帝国大学に対して、思想及び学問の自由、大学(教授会)の自治を弾圧した事件でした。1932年(昭和7)10月28日に、中央大学駿河台校舎で開催された刑法学講演会(中大法学会主催)で行った講演「『復活』を通して見たるトルストイの刑法観」の内容が、無政府主義的として文部省および司法省内で問題化したのが端緒となります。
 翌年3月に、裁判官・裁判所職員の中で、共産党員およびその同調者とされた人々が検挙される事件(司法官赤化事件)が起き、国会議員の一部や右翼が、この元凶として帝国大学法学部の「赤化教授」の追放を主張するようになりました。その中で、4月10日に、内務省は滝川の著書『刑法講義』および『刑法読本』に対し、その中の内乱罪や姦通罪に関する見解などを理由として、「出版法」第19条により発売禁止処分を下します。
 さらに5月には、齋藤内閣の鳩山一郎文相が小西重直京大総長に瀧川の罷免を要求したが、京都帝国大学法学部教授会および小西総長は文相の要求を拒絶しました。そこで、5月25日に、文官高等分限委員会に瀧川を休職に付する件を諮問、翌日に、この決定に基づいて、文部省は「文官分限令」により瀧川の休職処分を強行します。
 これに対して、京都帝国大学法学部は教授31名から副手に至る全教官が辞表を提出して抗議の意思を示しました。また、京都帝国大学法学部学生は教授会を支持し、全員が退学届けを提出するなど処分に抗議する運動を起こし、他学部の学生もこれに同調します。
 7月には、16大学の参加により「大学自由擁護連盟」、さらには、長谷川如是閑、徳田秋声、秋田雨雀、三木清ら文化人200名が参加する「学芸自由同盟」が結成され、ジャーナリズムも反対に立ちました。これに対し、文部省は教授会を分断するため7月10日に滝川、佐々木、宮本英雄、森口繁治、末川ら6教授、7月25日に恒藤、田村徳治の2教授を免官とします。
 処分に抗議した助教授4名ほかは辞意を貫きましたが、残った教授は文部省の説得を受け入れ辞表を撤回したものの、法学部全教官33人中21人が辞職するに至りました。その後、学生運動にも、警察・大学当局の弾圧が加えられ、運動は崩壊し、大学の自治、学問の自由は失われました。

〇瀧川 幸辰(たきがわ ゆきとき)とは?

 日本を代表する刑法学者・京都大学総長です。明治時代後期の1891年(明治24)2月24日に、岡山県岡山市で生まれました。
 神戸第一中学校、北野中学校を経て、1909年(明治42)に旧制第三高等学校に入学します。卒業後、1912年(大正元)21歳の時に、京都帝国大学法科大学独法科に入学し、ドイツ刑法を学び、1915年(大正4)に司法官試補に任官して修習を積んで、京都帝国大学を卒業しました。
 母校の助手となりましたが、1917年(大正6)に判事に任官し、京都地方裁判所・同区裁判所に勤務します。翌年、母校の助教授に就任し、刑法総論・各論などを担当しました。
 1922年(大正11)海外留学し、主としてドイツに滞在して学び、1924年(大正13)に帰国後、母校の教授に就任します。1932年(昭和7)に『刑法読本』を出し、翌年の中央大学法学部での「トルストイの『復活』に現はれた刑罰思想」と題する講演が契機となり、その刑法学説が自由主義的な内容であったため、当時の文部大臣鳩山一郎から休職処分を下されたのち退官する「滝川事件」が起きました。
 法学部教授会がこれに反対、学生も抗議しましたが、結局政府の力に押切られ、思想および学問の自由、大学の自治への弾圧事件として知られます。退官後は大学に属さず、立命館大学で講師をするなどしながら法律研究を行い、1939年(昭和14)には弁護士登録して、刑事専門の弁護士として活躍しました。
 太平洋戦争後、京都大学に復帰して法学部長となり、1948年(昭和23)には、日本刑法学会創立とともに初代理事長となります。1951年(昭和26)に法学博士となり、1953年(昭和28)には京都大学総長に就任し、1957年(昭和32)まで勤めて退官しました。
 刑法に関する著書を刊行し、多くの随筆集も出しましたが、1962年(昭和37)11月16日に、京都において、71歳で亡くなっています。

☆滝川事件の推移

<1932年(昭和7)>
・10月28日 中央大学駿河台校舎で開催された刑法学講演会(中大法学会主催)で行った講演「『復活』を通して見たるトルストイの刑法観」の内容が無政府主義的として文部省および司法省内で問題化する

<1933年(昭和8)>
・3月 共産党員およびその同調者とされた裁判官・裁判所職員が検挙される(司法官赤化事件)
・4月10日 内務省は瀧川の著書『刑法講義』および『刑法読本』に対し、その中の内乱罪や姦通罪に関する見解などを理由として出版法第19条により発売禁止処分を下す
・5月 齋藤内閣の鳩山一郎文相が小西重直京大総長に瀧川の罷免を要求したが、京大法学部教授会および小西総長は文相の要求を拒絶する
・5月25日 文官高等分限委員会に瀧川を休職に付する件を諮問する
・5月26日 文官高等分限委員会決定に基づいて、文部省は「文官分限令」により瀧川の休職処分を強行、京大法学部は教授31名から副手に至る全教官が辞表を提出して抗議の意思を示す
・7月 16大学の参加により「大学自由擁護連盟」、長谷川如是閑、徳田秋声、秋田雨雀、三木清ら文化人200名が参加する「学芸自由同盟」が結成される
・7月10日 文部省は滝川、佐々木、宮本英雄、森口繁治、末川ら6教授を免官とする
・7月25日 文部省は恒藤、田村徳治の2教授を免官とする

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

869年(貞観11)陸奥国で貞観地震が起き、大津波により甚大な被害を出す(新暦7月9日)詳細
1857年(安政4)下田奉行とハリスが「日米和親条約」を修補する「日米約定」を締結する(新暦6月17日)詳細
1942年(昭和17)日本文学報国会(会長徳富蘇峰)が設立される詳細
1969年(昭和44)東名高速道路が全線開通する(東名高速道路全線開通記念日)詳細
1977年(昭和52)小説家・劇作家藤森成吉の命日詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

takigawayukitoki01

 今日は、昭和時代中期の1962年(昭和37)に、日本を代表する刑法学者・京都大学総長瀧川幸辰が亡くなった日です。
 瀧川幸辰(たきがわ ゆきとき)は、1891年(明治24)2月24日に、岡山県岡山市で生まれました。神戸第一中学校、北野中学校を経て、1909年(明治42)に旧制第三高等学校に入学します。
 卒業後、1912年(大正元)21歳の時に、京都帝国大学法科大学独法科に入学し、ドイツ刑法を学び、1915年(大正4)に司法官試補に任官して修習を積んで、京都帝国大学を卒業しました。母校の助手となりましたが、1917年(大正6)に判事に任官し、京都地方裁判所・同区裁判所に勤務します。
 翌年、母校の助教授に就任し、刑法総論・各論などを担当しました。1922年(大正11)海外留学し、主としてドイツに滞在して学び、1924年(大正13)に帰国後、母校の教授に就任します。
 1932年(昭和7)に『刑法読本』を出し、翌年の中央大学法学部での「トルストイの『復活』に現はれた刑罰思想」と題する講演が契機となり、その刑法学説が自由主義的な内容であったため、当時の文部大臣鳩山一郎から休職処分を下されたのち退官する「滝川事件」が起きました。法学部教授会がこれに反対、学生も抗議しましたが、結局政府の力に押切られ、思想および学問の自由、大学の自治への弾圧事件として知られます。
 退官後は大学に属さず、立命館大学で講師をするなどしながら法律研究を行い、1939年(昭和14)には弁護士登録して、刑事専門の弁護士として活躍しました。太平洋戦争後、京都大学に復帰して法学部長となり、1948年(昭和23)には、日本刑法学会創立とともに初代理事長となります。
 1951年(昭和26)に法学博士となり、1953年(昭和28)には京都大学総長に就任し、1957年(昭和32)まで勤めて退官しました。刑法に関する著書を刊行し、多くの随筆集も出しましたが、1962年(昭和37)11月16日に、京都において、71歳で亡くなっています。

〇瀧川幸辰の主要な著作

・『刑法読本』(1932年)
・『犯罪論序説』(1938年)
・『刑法講義』(弘文堂書房)
・『刑法講義 改訂版』(弘文堂書房)
・『刑法における構成要件の機能』(刑法雑誌1巻2号、1950年)
・『犯罪論序説 改訂版』(有斐閣)
・『刑法講話』(日本評論社)
・『刑法各論 増補』(世界思想社)
・『瀧川幸辰刑法著作集・全5巻』(世界思想社)
・『激流』

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1868年(明治元)詩人・評論家北村透谷の誕生日(新暦12月29日)詳細
1972年(昭和47)第17回ユネスコ総会(於:パリ)において「世界遺産条約」が採択される詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ