ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

タグ:帝国学士院会員

hondakoutarou01
 今日は、昭和時代中期の1954年(昭和29)に、物理学者・冶金学者本多光太郎が亡くなった日です。
 本多光太郎(ほんだ こうたろう)は、明治時代前期の1870年(明治3年2月23日)に、三河国碧南郡新堀村(現在の岡崎市新堀町字大庭)において、農業を営む父・本多兵三郎の三男として生まれました。1885年(明治18)に随念寺高等小学校を卒業後、1887年(明治20)に上京し、大学予備門を経て、1889年(明治22)には、第一高等中学校へ入学します。
 1894年(明治27)に東京帝国大学理科大学物理学科へ進学し、地球物理学・磁気学等を専攻、1897年(明治30)に卒業後、大学院へ進み、長岡半太郎の指導下で強磁性金属の磁化、応力、ひずみの相互関係について研究しました。1901年(明治34)に東京帝国大学理科大学物理学科講師となり、1906年(明治39)に理学博士の学位を得て、翌年からドイツ・イギリスに留学、物理学の研究に没頭します。
 1911年(明治44)に帰国後、東北帝国大学理科大学開設時に物理学科教授となり、1915年(大正4)には、加熱しながら化学反応の測定ができる本多式熱天秤を開発しました。1916年(大正5)に臨時理化学研究所第二部研究主任となり、高木弘と共にKS鋼を発明、鉄に関する研究で、帝国学士院賞を受賞、翌年には、従五位となります。
 1919年(大正8)に東北帝国大学附属鉄鋼研究所初代所長に就任、1922年(大正11)に東北帝国大学附属金属材料研究所初代所長に就任、英国鉄鋼協会ベッセマー賞を受賞、帝国学士院会員となり、1924年(大正13)には、米国金属学会名誉会員ともなりました。1931年(昭和6)に東北帝国大学総長に就任、米国フランクリン協会エリオット・クレッソン・メダルを授与され、1933年(昭和8)にドイツ、ゲッティンゲン大学名誉理学博士となり、1934年(昭和9)には、KS磁石鋼より更に強力な新KS鋼を発明します。
 1937年(昭和12)に日本金属学会設立に尽力して初代会長となり、第1回文化勲章を受章、1940年(昭和15)に東北帝国大学総長を退任、名誉教授となり、興亜工業大学(現在の千葉工業大学)設立に参画、正三位となり、勲一等瑞宝章を受章しました。1944年(昭和19)に金属材料研究所長事務取扱として戦時研究を指導、1949年(昭和24)に東京理科大学初代学長に就任、仙台名誉市民となり、1951年(昭和26年)には。文化功労者に選ばれています。
 1953年(昭和28)に東京理科大学学長を辞めましたが、1954年(昭和29年)2月12日に、東京都において、83歳で亡くなり、勲一等旭日大綬章を追贈されました。尚、1956年(昭和31)に、その業績を記念する財団法人本多記念会が発足、金属に関する優れた研究に贈る本多記念賞が設けられています。

〇本多光太郎の主要な著作

・『物理学本論』
・『新制物理学本論』(上・下)

☆本多光太郎関係略年表

・1870年(明治3年2月23日) 三河国碧南郡新堀村(現在の岡崎市新堀町字大庭)において、農業を営む父・本多兵三郎の三男として生まれる
・1877年(明治10年) 桑子小学校に入学する
・1881年(明治14年) 桑子尋常小学校を卒業し、随念寺の高等小学校に進学しましたが、学校嫌いで成績も悪かった
・1885年(明治18年) 随念寺高等小学校を卒業する
・1887年(明治20年) 上京し、大学予備門に入学する
・1889年(明治22年) 第一高等中学校へ入学する
・1894年(明治27年) 東京帝国大学理科大学物理学科へ入学、地球物理学・磁気学等を専攻する
・1897年(明治30年) 東京帝国大学理科大学物理学科を卒業後、大学院へ進む
・1901年(明治34年) 東京帝国大学理科大学物理学科講師となる
・1906年(明治39年) 理学博士の学位を得る
・1907年(明治40年) ドイツ・イギリスに留学、物理学の研究に没頭する
・1911年(明治44年) 帰国後、東北帝国大学理科大学開設時に物理学科教授となる
・1915年(大正4年) 加熱しながら化学反応の測定ができる本多式熱天秤を開発する
・1916年(大正5年) 臨時理化学研究所第二部研究主任となり、高木弘と共にKS鋼を発明、鉄に関する研究で、帝国学士院賞を受賞する
・1917年(大正6年) 従五位となる
・1919年(大正8年) 東北帝国大学附属鉄鋼研究所初代所長に就任する
・1922年(大正11年) 東北帝国大学附属金属材料研究所初代所長に就任、英国鉄鋼協会ベッセマー賞を受賞、帝国学士院会員となる
・1924年(大正13年) 米国金属学会名誉会員となる
・1931年(昭和6年) 東北帝国大学総長に就任、米国フランクリン協会エリオット・クレッソン・メダルを得る
・1933年(昭和8年) ドイツ、ゲッティンゲン大学名誉理学博士となる
・1934年(昭和9年) KS磁石鋼より更に強力な新KS鋼を発明する
・1937年(昭和12年) 日本金属学会設立に尽力して初代会長となり、第1回文化勲章を受章する
・1940年(昭和15年) 東北帝国大学総長を退任、名誉教授となり、興亜工業大学(現在の千葉工業大学)設立に参画、正三位となり、勲一等瑞宝章を受章する
・1944年(昭和19年) 金属材料研究所長事務取扱として戦時研究を指導する
・1949年(昭和24年) 東京理科大学初代学長に就任、仙台名誉市民となる
・1951年(昭和26年) 文化功労者に選ばれる
・1953年(昭和28年) 東京理科大学学長を辞める
・1954年(昭和29年)2月12日 東京都において、83歳で亡くなり、勲一等旭日大綬章を追贈される
・1956年(昭和31年) 業績を記念する財団法人本多記念会が発足、金属に関する優れた研究に贈る本多記念賞が設けられる
・1961年(昭和36年) 岡崎市名誉市民となる
・1985年(昭和60年) 工業所有権制度100周年記念行事委員会により、日本の発明家10傑の1人に選ばれる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

729年(神亀6)長屋王が謀叛の疑いで邸宅を包囲され自害する(新暦3月16日)詳細
1231年(寛喜3)第87代の天皇とされる四条天皇の誕生日(新暦3月17日)詳細
1386年(至徳3/元中3)室町幕府第4代将軍足利義持の誕生日(新暦3月12日)詳細
1823年(文政6)写真業創始者・写真家・画家下岡蓮杖の誕生日(新暦3月24日)詳細
1889年(明治22)黒田清隆内閣総理大臣が鹿鳴館において、地方長官らに対し超然主義演説をする詳細
1996年(平成8)小説家司馬遼太郎の命日詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

kanonaoki01
 今日は、昭和時代中期の1947年(昭和22)に、中国文学・哲学研究者狩野直喜が亡くなった日です。
 狩野直喜(かの なおき)は、幕末明治維新期の1868年2月11日(慶応4年1月18日)に、肥後国熊本において、父・狩野直恆の三男として生まれましたが、号は君山と言いました。1879年(明治12)に同心学舍(後の濟々黌)に入学し、1884年(明治17)に上京して、神田共立学校(後に東京開成学校)で英語を学び、1886年(明治19)には、大学予備門(一高)に入学します。
 1982年(明治25)に東京帝国大学文科大学漢学科に入学し、島田篁村らに師事して考証学を学び、1895年(明治28)に卒業、正則中学校後、東京外国語学校などで教鞭を執りました。1900年(明治33)に京都帝国大学への赴任を前提に中国本土(清)へ渡り、文部省留学生として北京に留学、翌年には、上海に移り、亞州文會に出入して西籍に親しみ、またエドキンス (1823~1905年) をはじめとする欧米学者と交わります。
 1903年(明治36)に帰国して京都に居住、文科大学がなお開設されなかったため、法科大学教授織となり、『清国行政法』の編纂に従事、翌年には、京都法政專門学校(後の立命館)で支那時文を講義しました。1906年(明治39)に京都帝国大学文科大学が開設されて教授となり、哲学科において支那哲学史を担当、1908年(明治41)には、文学科が開設され、支那語学支那文学担当を兼任します。
 1910年(明治43)に北京に出張し敦煌写本を調査、1912年(明治45)には、ロシアを經由して欧州(フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、オーストリア、イタリア)に留学し翌年に帰国しました。1924年(大正14)に帝国学士院会員となり、東方文化事業總委員会委員を委囑されましたが、1928年(昭和3)には、京都帝国大学を定年により退官します。
 1929年(昭和4)に東方文化学院京都研究所(現在の京大人文科学研究所)主任(所長)となり、1935年(昭和10)には、仏国アジア協会名誉会員となりましたが、1938年(昭和13)には、東方文化学院京都研究所長を辞めました。日本の中国学に新風を吹き込んだ功績により、1944年(昭和19)には、文化勲章を受章したものの、1947年(昭和22)12月13日に、京都府京都市の自宅において、79歳で亡くなっています。尚、漢詩文および書をも能くしました。

〇狩野直喜の主要な著作

・『支那学文藪』(1927年)
・『読書纂余』(1947年)
・『中国哲学史』(1953年)
・『両漢学術考』(1964年)
・『支那文学史 上古より六朝まで』(1970年)
・『清朝の制度と文学』(1984年)
・『支那小説戯曲史』(1992年)

☆狩野直喜関係略年表

・1868年2月11日(慶応4年1月18日) 肥後国熊本において、父・狩野直恆の三男として生まれる
・1879年(明治12年) 同心学舍(後の濟々黌)に入学する
・1884年(明治17年) 上京して、神田共立学校(後に東京開成学校)で英語を学ぶ
・1886年(明治19年) 大学予備門(一高)に入学する
・1982年(明治25年) 東京帝国大学文科大学漢学科に入学し、島田篁村らに師事する
・1895年(明治28年) 東京帝国大学文科大学漢学科を卒業、正則中学校、東京外国語学校などで教鞭を執る
・1900年(明治33年) 京都帝国大学への赴任を前提に中国本土(清)へ、文部省留学生として北京に留学する
・1901年(明治34年) 次いで、上海に留学、亞州文會に出入して西籍に親しみ、またエドキンス (1823-1905) をはじめとする欧米学者と交わる
・1903年(明治36年) 中国留学より帰国して京都に居住、文科大学がなお開設されなかったため、法科大学教授織となり、『清国行政法』の編纂に従事する
・1904年(明治38年) 京都法政專門学校(後の立命館)で支那時文を講義する
・1906年(明治39年) 京都帝国大学文科大学が開設され、教授となり、哲学科において支那哲学史を担当する
・1908年(明治41年) 京都帝国大学文科大学文学科が開設され、支那語学支那文学担当を兼任、従六位となる
・1910年(明治43年) 北京に出張し敦煌写本を調査する
・1912年(明治45年) ロシアを經由して欧州(フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、オーストリア、イタリア)に留学、従五位となる
・1913年(大正2年) 欧州留学から帰国する 
・1924年(大正14年) 帝国学士院会員となり、東方文化事業總委員会委員を委囑される
・1928年(昭和3年) 京都帝国大学を定年により退官する
・1929年(昭和4年) 東方文化学院京都研究所(現在の京大人文科学研究所)主任(所長)となる
・1935年(昭和10年) 仏国アジア協会名誉会員となる
・1938年(昭和13年) 東方文化学院京都研究所長を辞める
・1944年(昭和19年) 文科勲章を受章する
・1947年(昭和22年)12月13日 京都府京都市の自宅において、79歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1841年(天保12)江戸幕府が天保の改革の一つとして、「株仲間解散令」を発布する(新暦1842年1月24日)詳細
1921年(大正10)ワシントン軍縮会議において、「四カ国条約」(日・英・米・仏)を結び、日英同盟を解消する詳細
1924年(大正13)東京で市川房枝らが婦人参政権獲得期成同盟会を発足する詳細
1969年(昭和44)小説家・演出家獅子文六の命日詳細
1980年(昭和55)国際的な版画家長谷川潔の命日詳細
2006年(平成18)第61回国連総会本会議で「障害者権利条約」が採択される詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

kimurahisashi01
 今日は、昭和時代前期の1943年(昭和18)に、天文学者木村栄の亡くなった日です。
 木村栄(きむら ひさし)は、明治時代前期の1870年(明治3年9月10日)に、石川県石川郡野村字泉野(現在の金沢市泉野町)において、菜種油の生産や酒造りなどを手広く商う素封家の父・篠木庄太郎の次男として生まれましたが、翌年には、木村民衛の養子となりました。1877年(明治10)に越田善七の和算塾で算数、大島塾で漢文を学び、翌年には、養父の木村塾で小先生と呼ばれるようになります。
 1880年(明治13)に加賀藩藩校明倫館の流れを汲む石川県専門学校に入学、1887年(明治20)に同校が官立の第四高等中学校に転換すると飛び級で同校本科第二部(理科・工科)に進みました。1889年(明治22)に同校を首席で卒業し、帝国大学理科大学星学科に入学、今川覚神より天文学を学んで、1892年(明治25)に卒業後、星を研究するため、帝国大学大学院に進学、寺尾寿、田中館愛橘に師事して位置天文学および地球物理学を専攻します。
 1895年(明治28)に嘱託として「緯度変化観測方」となり、東京で緯度観測を始め、1896年(明治29)には、田中舘と共に観測地の選定のため、水沢に来て数カ所の経緯度を測定し、天文台の候補位置を決定しました。1897年(明治30)に、日本初の海外観測となるインドでの皆既日食観測に寺尾寿、平山信、水原準三郎と共に、インドへ出張し、翌年には、第12回万国測地学(学会)協会に出席、岩手県の水沢が万国共同緯度観測所に決まります。
 1899年(明治32)に帰国し、臨時緯度観測所(水沢)の所長となり、観測を開始、1901年(明治34)には、地軸運動の解析的研究で緯度変化の二つの変動成分X、Yのほかに1年周期の第3成分Z項(木村項)を発見、翌年に論文を発表し、国際的に認められました。この成果により、1904年(明治37)に理学博士の学位を授与され、ブダペストでの万国測地学協会総会に出席、1910年(明治43)に英国王立天文学会会友に推薦され、翌年には、帝国学士院恩賜賞を受賞します。
 1920年(大正9)に緯度観測所長、万国緯度変化委員会委員長となり、1922年(大正11)には、実績を認められ、国際緯度観測事業中央局長に推挙され、水沢が中央局を担当する事になりました。1925年(大正14)に帝国学士院会員となり、1935年(昭和10)には、国際緯度観測事業観測結果報告書第7巻を発行します。
 1936年(昭和11)に、14年間務めた中央局長の職を辞し、中央局はイタリアに移り、王立天文学会ゴールドメダル、朝日文化賞を受賞、1937年(昭和12)には、第1回文化勲章も受章しました。1941年(昭和16)に緯度観測所長を辞任し、東京都世田谷区新町に移り住み、国際緯度観測事業観測結果報告書第8巻を発行します。
 しかし、1942年(昭和17)に持病の喘息がひどくなり、暖かな伊東へ転地療養(翌年4月まで)したものの、1943年(昭和18年)9月26日に、東京都世田谷区の自宅において、72歳で亡くなりました。

〇木村栄の主要な著作

・『緯度観測所に就て』(1908年)
・『緯度変化に就て』(1908年)

☆木村栄関係略年表(明治5年以前の日付は旧暦です)

・1870年(明治3年9月10日) 石川県石川郡野村字泉野(現在の金沢市泉野町)において、菜種油の生産や酒造りなどを手広く商う素封家の父・篠木庄太郎の次男として生まれる
・1871年(明治4年) 木村民衛の養子となる
・1877年(明治10) 越田善七の和算塾で算数、大島塾で漢文を学ぶ
・1878年(明治11) 養父の木村塾で小先生と呼ばれる
・1880年(明治13年) 加賀藩藩校明倫館の流れを汲む石川県専門学校に入学する
・1885年(明治18年) 赴任してきた北条時敬に学んで数学に目覚める
・1887年(明治20年) 同校が官立の第四高等中学校に転換すると飛び級で同校本科第二部(理科・工科)に進む
・1889年(明治22年) 第四高等中学校を首席で卒業し、帝国大学理科大学星学科に入学する
・1892年(明治25年) 大学を卒業後、星を研究するため、帝国大学大学院に進学する
・1895年(明治28年) 嘱託として「緯度変化観測方」となり、東京で緯度観測を始める
・1896年(明治29年) 田中舘と共に観測地の選定のため、水沢に来て数カ所の経緯度を測定し、天文台の候補位置を決定する
・1897年(明治30年) 日本初の海外観測となるインドでの皆既日食観測に寺尾寿、平山信、水原準三郎と共に、インドへ出張する
・1898年(明治31年) 第12回万国測地学(学会)協会に出席、岩手県の水沢が万国共同緯度観測所に決まる
・1899年(明治32年) 帰国し、臨時緯度観測所(水沢)の所長となり、観測を開始する
・1901年(明治34年) 地軸運動の解析的研究で緯度変化の二つの変動成分X、Yのほかに1年周期の第3成分Z項(木村項)を発見する
・1902年(明治35年) Z項の発見論文を発表し、国際的に認められる
・1904年(明治37年) 理学博士の学位を授与され、ブダペストでの万国測地学協会総会に出席する
・1910年(明治43年) 英国王立天文学会会友に推薦される
・1911年(明治44年) 帝国学士院恩賜賞を受賞する
・1920年(大正9年) 緯度観測所長、万国緯度変化委員会委員長となる
・1922年(大正11年) 実績を認められ、国際緯度観測事業中央局長に推挙され、水沢が中央局を担当する事になる
・1925年(大正14年) 帝国学士院会員となる
・1935年(昭和10年) 国際緯度観測事業観測結果報告書第7巻を発行する
・1936年(昭和11年) 14年間務めた中央局長の職を辞し、中央局はイタリアに移り、王立天文学会ゴールドメダル、朝日文化賞を受賞する
・1937年(昭和12年) 第1回文化勲章を受章する
・1941年(昭和16年) 緯度観測所長を辞任し、東京都世田谷区新町に移り住み、国際緯度観測事業観測結果報告書第8巻を発行する
・1942年(昭和17年) 持病の喘息がひどくなり、暖かな伊東へ転地療養する
・1943年(昭和18年)9月26日 東京都世田谷区の自宅において、72歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1945年(昭和20)哲学者・評論家・思想家三木清の命日詳細
1954年(昭和29)洞爺丸台風が襲来し、青函連絡船洞爺丸が転覆する詳細
洞爺丸台風の暴風下において、北海道で岩内大火が起き、3,298戸が焼失する詳細
1959年(昭和34)伊勢湾台風が襲来する(死者 4,697名、行方不明者 401名、負傷者 38,921名)詳細
1962年(昭和37)若戸大橋が開通する詳細
1968年(昭和43)厚生省が水俣病と新潟水俣病を公害病として認定する詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ikedakikunae01
 今日は、江戸時代後期の1864年(元治元)に、化学者池田菊苗の生まれた日ですが、新暦では10月8日となります。
 池田菊苗(いけだ きくなえ)は、山城国京都において、薩摩藩の京都藩邸の留守居役池田春苗の次男として生まれましたが、幼名は完二郎と言いました。9歳の時に東京に出て約2年間英語を勉強し、京都に帰ってからも宣教師から英語を学びます。
 1880年(明治13)の16歳の時、大阪衛生試験所長村橋次郎から化学を学び、翌年に親に内緒で家出して上京、1882年(明治15)には、大学予備門に入学しました。予備門理科を卒業後、東京帝国大学(現在の東京大学)理学部化学科に入学し、桜井錠二教授に師事、1889年(明治22)には、卒業して大学院へ進学します。
 1891年(明治24)に高等師範学校教授となり、1896年(明治29)には、東京帝国大学理科大学化学科の助教授に就任しました。1899年(明治32)に物理化学の研究のためドイツに留学、ドイツ・ライプツィヒ大学のオストワルド教授に師事、1901年(明治34)には、ロンドンに滞在し、夏目漱石と同じ下宿に住み親交を持ち、帰国後、東京帝国大学物理化学教授に昇進します。
 1902年(明治35)に理学博士の学位を取得、1907年(明治40)には、甘味、酸味、塩味、苦味の4基本味以外の味成分を「うま味」と名づけ、単離研究に着手しました。1908年(明治41)に昆布の旨み成分がグルタミン酸ナトリウムであることを発見、グルタミン酸ナトリウムを主成分とする調味料の製造方法を発明し特許を取得します。
 1909年(明治42)にうまみ調味料「味の素」が鈴木製薬所(現味の素株式会社)から発売され、1912年(大正元)には、勲三等瑞宝章を受章しました。1913年(大正2)に日本化学会会長、1917年(大正6)に理化学研究所の創立に参加して化学部長、1919年(大正8)には、帝国学士院会員となります。
 1922年(大正11)に理化学研究所主任研究員となり、1923年(大正12)には、東京帝国大学を退職し、正三位となりました。1926年(大正15)に帝国発明協会恩賜記念賞・大賞を受賞、1931年(昭和6)には、自宅に研究室を設けて、香気、臭気など特異な分野を研究します。
 1932年(昭和7)に理化学研究所を退職、日本学術会議の化学関係担当常置委員長となったものの、1936年(昭和11)5月3日に、東京において、71歳で亡くなりました。尚、他に酸性白土を利用した乾燥剤など日本の特許40件、欧米などの特許20件を取得しています。
 没後の1985年(昭和60)には、日本の産業財産権制度百周年記念事業の一環で、日本の十大発明家として顕彰されました。

〇池田菊苗関係略年表(明治5年以前の日付は旧暦です)

・1864年(元治元年9月8日) 山城国京都において、薩摩藩の京都藩邸の留守居役池田春苗の次男として生まれる
・1880年(明治13) 大阪衛生試験所で化学を学び始める
・1881年(明治14) 親に内緒で家出して上京する
・1882年(明治15) 大学予備門に入学する
・1889年(明治22) 帝国大学理科大学化学科(現在の東京大学理学部化学科)を卒業し、大学院へ進学する
・1891年(明治24) 高等師範学校教授に就任し、従七位となる
・1896年(明治29) 東京帝国大学理科大学化学科の助教授に就任する
・1899年(明治32) 物理化学の研究のためドイツに留学、ドイツ・ライプツィヒ大学のオストワルド教授に師事する
・1901年(明治34) ロンドンに滞在し、夏目漱石と同じ下宿に住み親交を持ち、帰国後、東京帝国大学物理化学教授に昇進する
・1902年(明治35) 理学博士の学位を取得する
・1904年(明治37) 従五位となる
・1907年(明治40) 甘味、酸味、塩味、苦味の4基本味以外の味成分を「うま味」と名づけ、単離研究に着手する
・1908年(明治41) 昆布の旨み成分がグルタミン酸ナトリウムであることを発見、グルタミン酸ナトリウムを主成分とする調味料の製造方法を発明し特許を取得する
・1909年(明治42) うまみ調味料「味の素」が鈴木製薬所(現味の素株式会社)から発売される
・1912年(大正元) 勲三等瑞宝章を受章する
・1913年(大正2) 日本化学会会長となる
・1917年(大正6) 理化学研究所の創立に参加し、化学部長となる
・1919年(大正8) 帝国学士院会員となる
・1922年(大正11) 理化学研究所主任研究員となる
・1923年(大正12) 東京帝国大学を退職し、正三位となる
・1926年(大正15) 帝国発明協会恩賜記念賞・大賞を受賞する
・1931年(昭和6) 自宅に研究室を設けて、香気、臭気など特異な分野を研究する
・1932年(昭和7) 理化学研究所を退職、日本学術会議の化学関係担当常置委員長となる
・1936年(昭和11)5月3日 東京において、71歳で亡くなる
・1985年(昭和60) 日本の産業財産権制度百周年記念事業の一環で、日本の十大発明家として顕彰される

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1658年(万治元)江戸幕府が旗本4人を火消役に任命し、定火消が始まる(新暦10月4日)詳細
1775年(安永4)俳人加賀千代女(千代尼)の命日(新暦10月2日)詳細
1873年(明治6)教育家・婦人ジャーナリストの先駆者羽仁もと子の誕生日詳細
1904年(明治37)「屯田兵条例」が廃止され、屯田兵制度が終わる詳細
1951年(昭和26)「サンフランシスコ平和条約」が調印される詳細
「日米安全保障条約」(旧)が調印される詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tawarakuniichi01
 今日は、昭和時代中期の1958年(昭和33)に、冶金学者俵国一の亡くなった日です。
 俵国一(たわら くにいち)は、明治時代前期の1872年(明治5年2月28日)に、島根県浜田において、農家に生まれましたが、上京後、第一高等中学校を経て、帝国大学工科大学(現在の東京大学工学部)採鉱冶金学科に入学しました。1897年(明治30)に卒業後、同大学助教授となり、1899年(明治32)からドイツに留学し、フライベルグ大学で鉄冶金学を学びます。
 1902年(明治35)に帰国し、東京帝国大学工学部教授(鉄冶金学講座担当)となり、1903年(明治36)には、ドイツから金属顕微鏡を輸入し、金属組織学、とくに鉄鋼の熱処理組織の理論、実験法を国内に普及、工学博士の学位を得ました。1907年(明治40)に海軍大学校教授を兼任、1910年(明治43)に勲五等瑞宝章を受章、1915年(大正4)には、日本鉄鋼協会の創立に関わります。
 1921年(大正10)に「日本刀の科学的研究」で、帝国学士院賞を受賞、1922年(大正11)には、日本鉄鋼協会(第4代)会長となりました。1923年(大正12)に東京帝国大学工学部長に選ばれ、同大学評議員、旅順工科大学商議員、1924年(大正13)には、帝国経済会議議員となります。
 1925年(大正14)に帝国学士院会員、従三位となり、1926年(大正15)に日本鉱業会の会長に選ばれ、1930年(昭和5)には、再び日本鉄鋼協会(第8代)会長となりました。1932年(昭和7)に東京帝国大学を定年退職し、名誉教授の称号を受け、その後は、日本学術振興会の仕事に尽力しましたが、太平洋戦争末期の1945年(昭和20)に東京・小石川駕篭町において被災し、熱海に疎開、来ノ宮の別邸に住みます。
 冶金学発展の基礎を作った功績により、1946年(昭和21)に文化勲章を受章、1951年(昭和26)には、文化功労者となりました。1956年(昭和31)に神奈川県鎌倉市に転居しましたが、1958年(昭和33)7月30日に、同所において、86歳で亡くなっています。

〇俵国一の主要な著作

・『日本刀の科学的研究』
・『鉄と鋼の製造法及び性質』
・『古来の砂鉄製錬法』

☆俵国一関係略年表(明治25年以前の日付は旧暦)

・1872年(明治5年2月28日) 島根県浜田において、農家に生まれる
・1897年(明治30) 帝国大学工科大学(現在の東京大学工学部)採鉱冶金学科を卒業、同大学助教授となる
・1899年(明治32) ドイツに留学し、フライベルグ大学で鉄冶金学を学ぶ
・1902年(明治35) ドイツに留学から帰国し、東京帝国大学工学部教授(鉄冶金学講座担当)となる
・1903年(明治36) ドイツから金属顕微鏡を輸入し、金属組織学、とくに鉄鋼の熱処理組織の理論、実験法を国内に普及、工学博士の学位を得る
・1907年(明治40) 海軍大学校教授を兼任する
・1910年(明治43) 勲五等瑞宝章を受章する
・1915年(大正4) 日本鉄鋼協会を創立する
・1921年(大正10) 「日本刀の科学的研究」で、帝国学士院賞を受賞する
・1922年(大正11) 日本鉄鋼協会第4代会長となる
・1923年(大正12) 東京帝国大学工学部長に選ばれ、同大学評議員となり、旅順工科大学商議員となる
・1924年(大正13) 帝国経済会議議員となる
・1925年(大正14) 帝国学士院会員となり、従三位となる
・1926年(大正15) 日本鉱業会の会長に選ばれる
・1930年(昭和5) 日本鉄鋼協会第8代会長となる
・1932年(昭和7) 東京帝国大学を定年退職し、名誉教授の称号を受ける
・1935年(昭和10) 「冶金学上より見たる日本刀の特色」を宮中進講する
・1945年(昭和20) 東京・小石川駕篭町において被災後、熱海に疎開し、来ノ宮の別邸に住む
・1946年(昭和21) 文化勲章を受章する
・1951年(昭和26) 文化功労者となる
・1956年(昭和31) 神奈川県鎌倉市に転居する
・1958年(昭和33)7月30日 神奈川県鎌倉市において、86歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1502年(文亀2)連歌師・古典学者宗祇の命日(新暦9月1日)詳細
1907年(明治40)日本とロシアとの間で、「第一次日露協約」が締結される詳細
1913年(大正2)歌人・小説家伊藤左千夫の命日(左千夫忌)詳細
1965年(昭和40)小説家谷崎潤一郎の命日(潤一郎忌)詳細
1971年(昭和46)全日空機雫石衝突事故が起き、乗員乗客162人全員が死亡する詳細
1988年(昭和63)北陸自動車道の朝日IC~名立谷浜ICが開通し、新潟黒埼IC~米原JCTが全通する詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ