narakokuritsuhakubutsukan01
 今日は、明治時代後期の1895年(明治28)に、帝国奈良博物館(現在の奈良国立博物館)が開館した日です。
 奈良国立博物館(ならこくりつはくぶつかん)は、奈良県奈良市登大路町にある国立博物館で、主として仏教関係の美術品を収蔵・展示してきました。1889年(明治22)に帝国博物館の一つとして設置が決まり、1892年(明治25)に興福寺の塔頭宝蔵院の跡地で、建設工事が始まり、1894年(明治27)に片山東熊(とうくま)設計の建物(現在のなら仏像館・重文)が完成、翌年)4月29日に、帝国奈良博物館として開館します。
 1900年(明治33)に奈良帝室博物館と改称、1914年(大正3)に正倉院掛が置かれ、太平洋戦争後の1947年(昭和22)には、宮内省より文部省に移管され、国立博物館奈良分館となりました。1950年(昭和25)に文化財保護委員会附属機関となり、1952年(昭和27)に奈良国立博物館として独立し、1968年(昭和33)には、文化庁の附属機関となりました。1972年(昭和47)に陳列館新館(西新館)、1980年(昭和55)に仏教美術資料研究センター、1997年(平成9)には、東新館、地下回廊が竣工するなど施設設備の充実が図られます。
 2001年(平成13)に独立行政法人国立博物館の設置する博物館となり、2002年(平成14)に文化財保存修理所が開所、2007年(平成19)には、独立行政法人国立文化財機構の奈良国立博物館となりました。2010年(平成22)に本館が展示室をリニューアルして新たに「なら仏像館」として再オープンしましたが、仏教美術品を中心に収蔵・展示し、毎年秋には、正倉院展が開催されることで知られています。
 現在の敷地面積78,760㎡、建物延床面積19,133㎡(なら仏像館・青銅器館・西新館・東新館・仏教美術資料研究センター・文化財保存修理所・その他)、展示面積4,079㎡、収蔵庫面積1,806㎡で、国宝13件、重要文化財114件を含む収蔵品の総数は1,911件、これとは別に、国宝52件、重要文化財306件を含む総数1,974件の寄託品を収蔵してきました。

<収蔵する国宝>13件

・絹本著色十一面観音像(井上馨、益田孝旧蔵)
・紙本著色地獄草紙
・紙本著色辟邪絵(へきじゃえ)
・紙本墨画淡彩山水図(水色巒光図-すいしょくらんこうず)伝周文筆
・木造薬師如来坐像 京都・若王子神社旧蔵
・牛皮華鬘(ごひけまん)東寺伝来
・刺繡釈迦如来説法図 京都・勧修寺旧蔵
・蓮唐草蒔絵経箱 福井・神宮寺旧蔵
・金剛般若経開題残巻 弘法大師筆 (三十八行)
・紫紙金字金光明最勝王経 広島・西国寺旧蔵
・日本書紀 巻第十残巻(田中本)
・伝教大師筆尺牘(せきとく)(久隔帖)最澄筆 弘仁四年十一月廿五日
・越中国射水郡鳴戸村墾田図 天平宝字三年十一月十四日

〇奈良国立博物館関係略年表

・1889年(明治22) 帝国奈良博物館として設置が決まる
・1892年(明治25) 興福寺旧境内である現在地で、建設工事が始まる
・1894年(明治27) 片山東熊(とうくま)設計の建物(現在のなら仏像館・重文)が完成する
・1895年(明治28)4月29日 帝国奈良博物館として開館する
・1900年(明治33) 奈良帝室博物館と改称する
・1914年(大正3) 正倉院掛が置かれる
・1947年(昭和22) 宮内省より文部省に移管され、国立博物館奈良分館となる
・1950年(昭和25) 文化財保護委員会附属機関となる
・1952年(昭和27) 奈良国立博物館として独立する
・1968年(昭和33) 文化庁の附属機関となる
・1972年(昭和47) 陳列館新館(西新館)が竣工する
・1980年(昭和55) 仏教美術資料研究センターが設置される
・1995年(平成7) 開館百周年記念式典が挙行される
・1997年(平成9) 東新館、地下回廊が竣工(東新館展示室は同10年より運用)する
・2001年(平成13) 独立行政法人国立博物館の設置する博物館となる
・2002年(平成14) 文化財保存修理所が開所する
・2007年(平成19) 独立行政法人国立文化財機構の奈良国立博物館となる
・2010年(平成22) 本館が展示室をリニューアルして新たに「なら仏像館」として再オープンする

☆博物館とは?

 広辞苑によると、「古今・東西にわたって考古学資料・美術品・歴史的遺物、その他の学術的資料を博く蒐集し、これを組織的に陳列して一般公衆の展覧に供し、学術研究の資とし、社会教育に寄与するための施設。」となっていました。
 また、博物館法では、「博物館は、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管し(育成を含む)、展示して教育的配慮のもとに一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するために必要な事業を行い、あわせて、これらの資料に関する調査研究をする機関である」とされています。
 日本では、明治時代前期の1872年(明治5)に文部省博物局の管轄で湯島の聖堂に開設されたのが最初とされ、1875年(明治8)になって内務省管轄の博物館が設置されました。この博物館は、帝国博物館、東京帝室博物館などと名称を変え、太平洋戦争後、国立博物館となり、1952年(昭和27)に現在の東京国立博物館になったのです。
 そして、戦後になって博物館の数は急速に増えていきました。日本では現在、博物館の数は増加傾向にあり、文部科学省の調査では、2011年(平成23)10月現在で、5,747館があります。

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1855年(安政2)経済学者・史学者・政治家田口卯吉の誕生日(新暦6月12日)詳細
1886年(明治19)「華族世襲財産法」(明治19年勅令第34号)が公布される詳細
1912年(明治45)北炭夕張炭鉱(第二斜坑ほか)でガス爆発事故が起こり、死者269人を出す詳細
1951年(昭和26)沖縄社会大衆党、沖縄人民党を中心に「日本復帰促進期成会」が結成される詳細
1997年(平成9)「化学兵器禁止条約」が発効する詳細
2006年(平成18)生口島北IC~生口島南IC(生口島道路)の開通で西瀬戸自動車道が全通する詳細