ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

タグ:岩波茂雄

iwanamishigeo01
 今日は、昭和時代中期の1946年(昭和21)に、出版人・岩波書店創業者・貴族院議員岩波茂雄が亡くなった日です。
 岩波茂雄(いわなみ しげお)は、明治時代前期の1881年(明治14)8月27日に、長野県諏訪郡中洲村(現在の諏訪市)の農家で、村の助役だった父・岩波義質の子として生まれました。1895年(明治28)に旧制諏訪実科中学校(現在の諏訪清陵高校)へ入学しましたが、1899年(明治32)に上京し、杉浦重剛を慕い、日本中学に入学し、翌年に卒業、1901年(明治34)には、旧制第一高等学校に入学します。
 しかし、1904年(明治37)に、試験放棄のため落第して中退し、翌年には、東京帝国大学哲学科選科に入学しました。1908年(明治41)に卒業し、1909年(明治42)には、神田高等女学校に勤め、教頭になります。
 ところが、教師としての自信をなくして退職し、1913年(大正2)には、神田神保町に古書店・岩波書店を創業し、正価販売を実行しました。1914年(大正3)に夏目漱石の『こころ』を出版(岩波書店の処女出版)し、ついで「哲学叢書」(1929~19年)、「漱石全集」(1917~19年)を刊行するなど、着々と出版界に地歩を固めます。
 その後、1921年(大正8)に「思想」、1927年(昭和2)に岩波文庫、1931年(昭和6)に「科学」、1933年(昭和8)に岩波全書、1934年(昭和9)に「文化」、1938年(昭和13)に岩波新書を創刊するなど、「岩波文化」とよばれる独自の出版文化を築きました。しかし、戦時下の言論統制の中で、1940年(昭和15)に津田左右吉の『日本古代史研究』の出版により、「出版法」違反で起訴され、1942年(昭和17)に禁錮2年執行猶予2年の判決を受けたものの、1944年(昭和19)の上告中に免訴となります。
 1945年(昭和20)に多額納税者として貴族院議員となり、1946年(昭和21)に総合雑誌「世界」を創刊、日本放送協会(NHK)の民主化のために設置された放送委員会の委員となりました。同年に、文化勲章を受章しましたが、4月25日に静岡県熱海市において、64歳で亡くなっています。

〇岩波茂雄関係略年表

・1881年(明治14)8月27日 長野県諏訪郡中洲村(現在の諏訪市)の農家で、村の助役だった父・岩波義質の子として生まれる
・1895年(明治28) 旧制諏訪実科中学校(現在の諏訪清陵高校)へ入学する
・1899年(明治32) 上京し、杉浦重剛を慕い、日本中学に入学する
・1899年(明治33) 日本中学を卒業する
・1901年(明治34) 旧制第一高等学校に入学する
・1904年(明治37) 試験放棄のため落第し、高校を中退する
・1905年(明治38) 東京帝国大学哲学科選科に入学する
・1906年(明治39) 結婚する
・1908年(明治41) 東京帝大文科大学哲学科選科を卒業する
・1909年(明治42) 神田高等女学校に勤め、教頭になる
・1913年(大正2) 神田神保町に古書店・岩波書店を創業する
・1914年(大正3) 夏目漱石の『こころ』を出版(岩波書店の処女出版)する
・1915年(大正4) 『哲学叢書』の刊行を開始する
・1917年(大正6) 『漱石全集』を刊行を開始する
・1921年(大正8) 「思想」を創刊する
・1927年(昭和2) 岩波文庫を創刊する
・1931年(昭和6) 「科学」を創刊する
・1933年(昭和8) 岩波全書創刊する
・1934年(昭和9) 「文化」を創刊する
・1938年(昭和13) 岩波新書を創刊する
・1940年(昭和15) 学徒及び篤学の学者、研究者を援助する目的で財団法人「風樹会」を設立、津田左右吉の『日本古代史研究』の出版により、「出版法」違反で起訴される
・1942年(昭和17) 禁錮2年執行猶予2年の判決をうける
・1944年(昭和19) 上告中に免訴となる
・1945年(昭和20) 多額納税者として貴族院議員となる
・1946年(昭和21) 総合雑誌「世界」を創刊、日本放送協会(NHK)の民主化のために設置された放送委員会の委員となり、文化勲章を受章する
・1946年(昭和21)4月25日 静岡県熱海市において、64歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

722年(養老6)百万町歩開墾計画が出される(新暦6月13日)詳細
1613年(慶長18)武将大久保長安の命日(新暦6月13日)詳細
1881年(明治14)『交詢雑誌』第45号に、交詢社の「私擬憲法案」が発表される詳細
1957年(昭和32)「高速自動車国道法」(昭和32年法律第79号)が公布・施行される詳細
1978年(昭和53)洋画家東郷青児の命日詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

kojikinihonshyokinokenkyuu0
 今日は、昭和時代前期の1940年(昭和15)に、「津田事件」により、津田左右吉・岩波茂雄が「出版法」違反で起訴された日です。
 津田事件(つだじけん)は、1940年(昭和15)2月10日に、歴史学者津田左右吉の著書4冊が発禁処分となり、3月8日に津田と発行者岩波茂雄が「出版法」第26条違反の疑いで起訴され、1942年(昭和17)5月21日に有罪判決を受けた事件でした。1939年(昭和14)末に津田の『古事記及日本書記の研究』を蓑田胸喜らが雑誌「原理日本」で“大逆思想”にあたると攻撃、これを受けて、検察当局はただちに行動を開始します。
 翌年1月11日には早稲田大学文学部教授を解任され、2月10日に上記4著書を発売禁止処分とされ、さらに、3月8日には、津田本人と発行元である岩波書店の岩波茂雄が「出版法」第26条「皇室ノ尊厳ヲ冒涜シ、政体ヲ変壊シ又ハ国憲ヲ紊乱セムトスル文書図画ヲ出版シタルトキハ著作者、発行者、印刷者ヲ二月以上二年以下ノ軽禁錮ニ処シ二十円以上二百円以下ノ罰金ヲ附加ス」の疑いで起訴されました。その後の裁判は29回の予審と21回の公判を経て、1942年(昭和17)5月21日に、『古事記及日本書記の研究』のみ、その記述の崇神、垂仁朝を仮定視し、仲哀天皇以前の天皇の存在を疑問視したことが「出版法」第26条違反とし、津田に禁固3ヶ月、岩波に禁固2ヶ月(いずれも執行猶予2年)の判決が出されています。
 津田、岩波の側はこの判決を不満として控訴、また検察当局も判決が軽すぎると控訴して争いましたたが、結局1944年(昭和19)11月に、控訴院で本件は「時効完成により免訴」という宣告が出されて終わりました。

〇津田 左右吉(つだ そうきち)とは?

 明治時代から昭和時代に活躍した歴史学者・思想史家です。明治時代前期の1873年(明治6)10月3日に、岐阜県加茂郡下米田村(現在の美濃加茂市下米田町)で、尾張藩家老竹腰家の旧家臣津田藤馬の長男として生まれました。
 名古屋の私立中学を中退し、上京して東京専門学校(早稲田大学の前身)邦語政治科で学びます。1891年(明治24)に卒業後、中学教員を勤めつつ白鳥庫吉の指導を受け、1901年(明治34)に『新撰東洋史』を刊行しました。1908年(明治41)に、白鳥の開設した満鮮歴史地理調査室研究員(満鉄東京支社嘱託)となり、1913年(大正2)に『朝鮮歴史地理』上下を刊行、文献批判的実証研究を培います。
 1918年(大正7)に早稲田大学講師となり、東洋史、東洋哲学を教え、記紀の文献学的考証を行い、『古事記及び日本書紀の新研究』(1919年)を刊行しました。1920年(大正9)に早稲田大学文学部教授となってからも、『神代史の研究』(1924年)、『道家の思想と其の開展』(1927年)、『日本上代史研究』(1930年)、『上代日本の社会及び思想』(1933年)など旺盛に執筆活動を続けます。
 しかし、記紀研究の主要4著作に関して、皇室の尊厳を冒涜したかどで右翼から訴えられ、1940年(昭和15)に早稲田大学を辞職せざるを得なくなり、発売禁止処分も受け、出版元の岩波茂雄と共に、「出版法」違反で起訴されました。その後、1942年(昭和17)には、禁錮3ヶ月、執行猶予2年の宣告を受けますが、1944年(昭和19)には控訴院で免訴となっています。
 太平洋戦争後も旺盛な著作活動を続け、1949年(昭和24)に文化勲章、1960年(昭和35年)に美濃加茂市名誉市民第1号に選ばれ、1961年(昭和36)には朝日文化賞も受賞しました。しかし、1961年(昭和36)12月4日に、東京都の武蔵境の自宅でにおいて、88歳で亡くなっています。

☆『古事記及日本書記の研究』とは?

 1924年(大正13)9月26日に歴史学者の津田左右吉著で、岩波書店より発行された、神代史に続く神武天皇以降の部分を検討した著作です。『古事記』と『日本書紀』の内容の科学的分析を試みたもので、「神武東遷は歴史的事実ではない。」、「大和朝廷ははじめから大和に存在したのであり、その創設者はおそらく崇神天皇であろう…。」など時代の趨勢におもねることのない画期的な著作とされました。
 しかし、蓑田胸喜らが雑誌「原理日本」で“大逆思想”にあたると攻撃、1940年(昭和15)2月10日に他の3著作と共に発売禁止処分とされ、同年3月8日に津田と発行者岩波茂雄が出版法第26条違反の疑いで起訴されています。1942年(昭和17)5月21日に、その記述の崇神、垂仁朝を仮定視し、仲哀天皇以前の天皇の存在を疑問視したことが「出版法」第26条違反とし、津田に禁固3ヶ月、岩波に禁固2ヶ月(いずれも執行猶予2年)の判決が出されたものの、結局1944年(昭和19)11月に、控訴院で本件は「時効完成により免訴」という宣告が出され決着しました。
 ところが太平洋戦争後には、この津田の科学的検証に基づく歴史観は再評価され、「津田史観」と称されて日本歴史学の本流となって、現代へと続いています。

<目次>
総論
第1章 新羅に関する物語
第2章 クマソ征討の物語
第3章 東国及びエミシに関する物語
第4章 皇子分封の物語
第5章 崇神天皇、垂仁天皇二朝の物語
第6章 神武天皇東遷の物語
結論
付録

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

702年(大宝2)文武天皇が初めて全国的に統一された度量(物差しと枡)を定め、諸国に頒布する(新暦4月9日)詳細
1708年(宝永5)京都で「宝永の大火」が起こり、1万軒以上を焼失する(新暦4月28日)詳細
1842年(天保13)日本画家川端玉章の誕生日(新暦4月18日)詳細
1919年(大正8)小説家水上勉の誕生日詳細
1954年(昭和29)「日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定」(MSA協定)が締結される詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

iwanamibunkosoukan01

 今日は、昭和時代前期の1927年(昭和2)に、岩波書店から「岩波文庫」(初回23点)が創刊された日です。
 「岩波文庫(いわなみぶんこ)」は、岩波書店がドイツのレクラム文庫を範とし、世界の文芸、学術の全分野における古典的価値をもつ書を並製廉価版のA6判で刊行したものでした。100ページ当りを星印(★)で表示し、当時は(★)一つ20銭という安さで、学生・知識層の圧倒的な支持を得て、大いに一般民衆に普及します。
 文庫本巻末に掲載された「読書子に寄す」―岩波文庫発刊に際して―では、当時の教養・啓蒙主義のもとで、知識を一般民衆に普及させるために刊行したという趣旨と共に、ドイツのレクラム文庫を範としていることなどが書かれていますが、起草者は三木清とされ、当時の社長であった岩波茂雄の名とされました。書目を厳選して真に古典的価値のある名著を収録、翻訳はすべて原典からの直接訳、省略なしの完全版を宣伝文句としています。
 続いて、社会科学関係に特色をもつ『改造文庫』(1929年)、文芸書中心の『春陽堂文庫』(1931年)、『新潮文庫』(1933年)などが発刊され、第1次文庫ブームが起きました。現在では、創刊以来の「岩波文庫」の刊行点数は6,000点以上になっています。

<岩波文庫の6つの分類>
・黄(日本古典文学)
・緑(日本近現代文学)
・赤(外国文学)
・青(日本思想・東洋思想・仏教・歴史・地理・音楽・美術・哲学・教育・宗教・自然科学)
・白(法律・政治・経済・社会)
・別冊

〇「読書子に寄す」(文庫本巻末に掲載)

――岩波文庫発刊に際して――

岩波茂雄

 真理は万人によって求められることを自ら欲し、芸術は万人によって愛されることを自ら望む。かつては民を愚昧ならしめるために学芸が最も狭き堂宇に閉鎖されたことがあった。今や知識と美とを特権階級の独占より奪い返すことはつねに進取的なる民衆の切実なる要求である。岩波文庫はこの要求に応じそれに励まされて生まれた。それは生命ある不朽の書を少数者の書斎と研究室とより解放して街頭にくまなく立たしめ民衆に伍せしめるであろう。近時大量生産予約出版の流行を見る。その広告宣伝の狂態はしばらくおくも、後代にのこすと誇称する全集がその編集に万全の用意をなしたるか。千古の典籍の翻訳企図に敬虔の態度を欠かざりしか。さらに分売を許さず読者を繋縛して数十冊を強うるがごとき、はたしてその揚言する学芸解放のゆえんなりや。吾人は天下の名士の声に和してこれを推挙するに躊躇するものである。このときにあたって、岩波書店は自己の責務のいよいよ重大なるを思い、従来の方針の徹底を期するため、すでに十数年以前より志して来た計画を慎重審議この際断然実行することにした。吾人は範をかのレクラム文庫にとり、古今東西にわたって文芸・哲学・社会科学・自然科学等種類のいかんを問わず、いやしくも万人の必読すべき真に古典的価値ある書をきわめて簡易なる形式において逐次刊行し、あらゆる人間に須要なる生活向上の資料、生活批判の原理を提供せんと欲する。この文庫は予約出版の方法を排したるがゆえに、読者は自己の欲する時に自己の欲する書物を各個に自由に選択することができる。携帯に便にして価格の低きを最主とするがゆえに、外観を顧みざるも内容に至っては厳選最も力を尽くし、従来の岩波出版物の特色をますます発揮せしめようとする。この計画たるや世間の一時の投機的なるものと異なり、永遠の事業として吾人は微力を傾倒し、あらゆる犠牲を忍んで今後永久に継続発展せしめ、もって文庫の使命を遺憾なく果たさしめることを期する。芸術を愛し知識を求むる士の自ら進んでこの挙に参加し、希望と忠言とを寄せられることは吾人の熱望するところである。その性質上経済的には最も困難多きこの事業にあえて当たらんとする吾人の志を諒として、その達成のため世の読書子とのうるわしき共同を期待する。

   昭和二年七月

〇岩波文庫の第1回刊行(23点)一覧 1927年(昭和2)7月10日刊

・夏目漱石『こゝろ』
・プラトン/久保勉・阿部次郎譯『プラトン ソクラテスの辯明・クリトン』
・イマヌエル・カント/波多野精一・宮本和吉譯『實踐理性批判』
・島崎藤村自選『藤村詩抄』
・樋口一葉『にごりえ・たけくらべ』
・トルストイ/米川正夫譯『戦争と平和(一)』
・幸田露伴『五重塔』
・正岡子規『病牀六尺』
・ストリン トベルク/小宮豐隆譯『父』
・倉田百三『出家とその弟子』
・チェーホフ/米川正夫譯『櫻の園』
・武者小路実篤『幸福者』
・國木田獨歩(国木田独歩)『號外 他六篇』
・ポアンカレ/田辺元譯『科學の價値』
・リッケルト/山内得立譯『認識の対象』
・小林一茶/荻原井泉水校訂『おらが春・我春集』
・北村透谷/島崎藤村編『北村透谷集』
・レッシング/大庭米治郎譯『賢人ナータン』
・トルストイ/米川正夫譯『闇の力』
・正岡子規『仰臥漫録』
・チェーホフ/米川正夫譯『伯父ワーニャ』
・トルストイ/米川正夫譯『生ける屍』
・ストリン トベルク/茅野蕭々譯『令嬢ユリェ』

<その後の刊行>

・稗田阿禮/太安萬侶/幸田成友校訂『古事記』1927年(昭和2)年8月1日刊
・松尾芭蕉/伊藤松宇校訂『芭蕉七部集』1927年(昭和2)年8月1日刊
・ヴェデキント/野上豊一郎譯『春の目ざめ』1927年(昭和2)年8月1日刊
・近松門左衛門/和田萬吉校訂『曾我會稽山・心中天の網島』1927年(昭和2)年8月1日刊
・アダム・スミス/気賀勘重譯『國富論(上)』1927年(昭和2)年8月10日刊  
・ポアンカレ/吉田洋一譯『科学と方法』1927年(昭和2)年9月5日刊
・佐佐木信綱編『新訓 萬葉集(上)』1927年(昭和2)年9月5日刊

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1947年(昭和22)静岡県静岡市の登呂遺跡で総合的な発掘調査が始まる詳細
1948年(昭和23)温泉法」が制定・公布される詳細
1993年(平成5)小説家井伏鱒二の命日 詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ