nagaharakeiji01
 今日は、平成時代の2004年(平成16)に、日本史学者永原慶二が亡くなった日です。
 永原慶二(ながはら けいじ)は、大正時代の1922年(大正11)7月12日に、中国関東州大連市において生まれましたが、東京で育ちました。1942年(昭和17)に、東京高等学校文科乙類を卒業後、東京帝国大学文学部国史学科に入学したものの、翌年に文科系学生の徴兵猶予停止(学徒出陣)に伴い、海軍の大竹海兵団に入団します。
 1944年(昭和19)に東京帝国大学国史学科卒業となり、終戦後に帰郷し、同大学大学院に入学しました。1947年(昭和22)に、東京大学史料編纂所員となり、『大日本史料』第三編の編纂業務に従事しましたが、1958年(昭和33)には、一橋大学助教授となり、日本経済史講座を担当することとなり、中世史を主に社会経済史的な視点から研究します。
 1962年(昭和37)に、一橋大学より「日本封建制成立過程の研究」により経済学博士の学位を取得し、翌年には、同大学教授に昇任しました。1970年(昭和45)に歴史学研究会委員長(1973年まで)、1978年(昭和53)に日本学術会議会員(1985年まで)、文化財保護審議会専門委員(1993年まで)、1983年(昭和58)には、比較家族史研究会会長(1989年まで)と要職を歴任します。
 1986年(昭和61)に一橋大学教授を退官し、同大学名誉教授、日本福祉大学経済学部教授(1988年まで)となり、1988年(昭和63)には、和光大学人文学部教授(1993年まで)となり、1993年(平成5)の退官にあたって名誉教授となりました。教科書検定に反対の立場を取り、1997年(平成9)まで続いた、家永三郎の教科書訴訟を支援しましたが、2004年(平成16)7月9日に、東京都新宿区の病院において、81歳で亡くなっています。

〇永原慶二の主要な著作

・『日本封建社会論』(1955年)東京大学出版会
・『源頼朝』(1958年)岩波書店、
・『日本封建制成立過程の研究』(1961年)岩波書店
・『日本の歴史10 下剋上の時代』(1965年)中央公論社
・『日本の中世社会』(1968年)岩波書店
・『日本経済史』(1970年)有斐閣
・『日本中世社会構造の研究』(1973年)岩波書店
・『荘園』(1978年)評論社
・『室町戦国の社会 商業・貨幣・交通』(1992年)吉川弘文館
・『20世紀日本の歴史学』(2003年)吉川弘文館

☆永原慶二関係略年表

・1922年(大正11)7月12日 中国関東州大連市において生まれる
・1942年(昭和17) 東京高等学校文科乙類を卒業後、東京帝国大学文学部国史学科に入学する
・1943年(昭和18) 文科系学生の徴兵猶予停止にともない、海軍の大竹海兵団に入団する
・1944年(昭和19) 東京帝国大学国史学科卒業する
・1945年(昭和20) 終戦後に帰郷し、東京帝国大学大学院に入学する
・1947年(昭和22) 東京大学史料編纂所員となり、『大日本史料』第三編の編纂業務に従事する
・1958年(昭和33) 一橋大学助教授となり、日本経済史講座を担当する
・1962年(昭和37) 一橋大学より「日本封建制成立過程の研究」により経済学博士の学位を取得する
・1963年(昭和38) 一橋大学教授に昇任する
・1970年(昭和45) 歴史学研究会委員長となる(1973年まで)
・1978年(昭和53) 日本学術会議会員となる(1985年まで)、文化財保護審議会専門委員となる(1993年まで)
・1983年(昭和58) 比較家族史研究会会長となる(1989年まで)
・1986年(昭和61) 一橋大学教授を退官し、同大学名誉教授、日本福祉大学経済学部教授となる(1988年まで)
・1988年(昭和63) 和光大学人文学部教授となる(1993年まで)
・1993年(平成5) 和光大学退官にあたって名誉教授となる
・2004年(平成16)7月9日 東京都新宿区の病院において、81歳で亡くなる

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

967年(康保4)律令政治の基本細則「延喜式」が施行される(新暦8月17日)詳細
1185年(元暦2)京都地方で文治地震が起こり、大きな被害が出る(新暦8月13日)詳細
1922年(大正11)小説家・医師森鴎外の命日(鴎外忌)詳細
1945年(昭和20)和歌山大空襲において、和歌山城が消失し、焼失家屋31,137戸、死者・行方不明者1,424人を出す詳細
1955年(昭和30)イギリスのロンドンで、「ラッセル・アインシュタイン宣言」が出される詳細
1976年(昭和51)静岡県の大井川鐵道が、日本で初めて蒸気機関車の動態保存運転を開始する詳細