nishikawayasushi01
 今日は、平成時代の1989年(平成元)に、書家・中国書道史家西川寧の亡くなった日です。
 西川寧(にしかわ やすし)は、明治時代後期の1902年〈明治35〉1月25日に、東京市向島区において、明治の書家、西川春洞の三男として生まれました。幼少より書に親しみましたが、13歳の時に父と死別し、東京府立第三中学校を経て、1920年(大正9)に慶應義塾大学文学部予科に入学します。
 1926年(大正15)に慶應義塾大学文学部支那文学科を卒業、同予科講師となりました。1929年(昭和4)に中村蘭台主催の萬華鏡社に加わり、1930年(昭和5)に泰東書道院結成に参加、1931年(昭和6)には、最初の訪中を行い、『六朝の書道』を著します。
 1933年(昭和8)に謙慎書道会を創立、1938年(昭和13)には、外務省在外特別研究員として北京に留学し、中国文学、金石学を研究して、1940年(昭和15)に帰国しました。1941年(昭和16)に『支那の書道(猗園雑纂)』を印行し、1943年(昭和18)には、慶応義塾大学予科教授となり、田屋画廊で最初の個展(燕都景物詩画展)を開催します。
 太平洋戦争後は、1946年(昭和21)に慶応義塾大学文学部講師となり、1947年(昭和22)には、東京国立博物館調査員となって、中国書跡の調査・研究にあたりました。1948年(昭和23)に日展審査員となり、1949年(昭和24)には、松井如流と月刊雑誌『書品』を創刊し、編輯主幹を務めます。
 1950年(昭和25)に日展運営会参事となり、1955年(昭和30)に「隷書七言聯」で日本芸術院賞を受賞、1958年(昭和33)には、日展評議員となりました。1959年(昭和34)に東京教育大学教授となり、1960年(昭和35)には、「西域出土 晉代墨跡の書道史的研究」で、慶應義塾大学より文学博士を得ます。
 1962年(昭和37)に東京国立博物館調査員を辞め、1964年(昭和39)には、國學院大學、東京大学文学部講師となりました。1965年(昭和40)に東京教育大学教授を辞め、1969年(昭和44)に日本芸術院会員、日展常務理事となり、1972年(昭和47)には、勲三等瑞宝章を受章しています。
 1977年(昭和52)に文化功労者、日展顧問となり、1985年(昭和60)には、日本の書家として初めて文化勲章を受章しました。中国書道全般に関する深い造詣と学識により高い評価を得ましたが、1989年〈平成元〉5月16日に、東京都目黒区の病院において、87歳で亡くなり、従三位、勲一等瑞宝章を追贈されています。

〇西川寧の主要な著作

・『六朝の書道』(1931年)
・『書の変相』(1960年)
・『書というもの』(1969年)
・『猗園雑纂』(1985年)

☆西川寧関係略年表

・1902年〈明治35〉1月25日 東京市向島区において、明治の書家、西川春洞の三男として生まれる
・1920年(大正9) 東京府立第三中学校を卒業し、慶應義塾大学文学部予科に入学する
・1926年(大正15) 慶應義塾大学文学部支那文学科を卒業、同予科講師となる
・1929年(昭和4) 中村蘭台主催の萬華鏡社に加わる
・1930年(昭和5) 泰東書道院結成に参加する
・1931年(昭和6) 最初の訪中を行い、『六朝の書道』を著す
・1933年(昭和8) 謙慎書道会を創立する
・1938年(昭和13) 外務省在外特別研究員として北京に留学する
・1940年(昭和15) 留学先より帰国する
・1941年(昭和16) 『支那の書道(猗園雑纂)』を印行する
・1943年(昭和18) 慶応義塾大学予科教授となり、田屋画廊で最初の個展(燕都景物詩画展)を開催する
・1946年(昭和21) 慶応義塾大学文学部講師となる
・1947年(昭和22) 東京国立博物館調査員となる
・1948年(昭和23) 日展審査員となる
・1949年(昭和24) 松井如流と月刊雑誌『書品』を創刊し、編輯主幹をつとめる
・1950年(昭和25) 日展運営会参事となる
・1955年(昭和30) 「隷書七言聯」で日本芸術院賞を受賞する
・1958年(昭和33) 日展評議員となる 
・1959年(昭和34) 東京教育大学教授となる
・1960年(昭和35) 「西域出土 晉代墨跡の書道史的研究」で、慶應義塾大学より文学博士を得る
・1962年(昭和37) 東京国立博物館調査員を辞める
・1964年(昭和39) 國學院大學、東京大学文学部講師となる
・1965年(昭和40) 東京教育大学教授を辞める
・1969年(昭和44) 日本芸術院会員、日展常務理事となる
・1972年(昭和47) 勲三等瑞宝章を受章する
・1977年(昭和52) 文化功労者、日展顧問となる
・1985年(昭和60) 日本の書家として初めて文化勲章を受章する
・1989年〈平成元〉5月16日 東京都目黒区の病院において、87歳で亡くなり、従三位、勲一等瑞宝章を追贈される

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1623年(元和9)囲碁名人・本因坊家初代本因坊算砂の命日(新暦6月13日)詳細
1689年(元禄2)松尾芭蕉が『おくの細道』に旅立った日の新暦換算日(旅の日)詳細
1889年(明治22)東京・上野の宮内省博物館を帝国博物館に改称し、京都・奈良にも設置する官制が出される詳細
11944年(昭和19)北海道の三菱鉱業美唄炭鉱でガス爆発事故が起こり、死者109人を出す詳細
1951年(昭和26)世界保健機関(WHO)が日本の加盟を承認する詳細
1968年(昭和43)1968年十勝沖地震(M7.9)が起き、死者50人・行方不明者2人・負傷者330人を出す詳細