oofunakannon01

 今日は、明治時代後期の1899年(明治32)に、彫刻家山本豊市が生まれた日です。
 山本豊市(やまもと とよいち)は、東京の四谷(現在の新宿区)で生まれましたが、本名は豊と言いました。錦成中学校在学中に戸張孤雁を知り、1917年(大正6)に卒業後に師事し、翌年より3年間、太平洋画会研究所でデッサンも学びます。
 1921年(大正10)の第8回再興院展に『トルソ(胴)』が初入選し、以後同展に出品、1923年(大正12)には、日本美術院院友に推挙されました。翌年から渡仏し、1925年(大正14)にA.マイヨールに師事して4年間学び、1928年(昭和3)にシベリヤ経由で帰国し、マイヨールを日本に紹介します。
 その後、1930年(昭和5)より日本大学で講師として教え、1932年(昭和7)には日本美術院同人となりました。その中で、日本の伝統的素材である漆を西洋的な造形に生かした乾漆技法を研究、1936年(昭和11)の第1回改組帝展に乾漆像『岩戸神楽』を出品、日本古来の素材を近代彫刻のなかによみがえらせたものとして高く評価されます。
 太平洋戦争後は、1947年(昭和22)に東京美術学校講師となり、戦後院展に出品する一方、1950年(昭和25)より新樹会に参加、1953年(昭和28)には、前年作の『頭像』、『エチュード』により第5回毎日芸術賞を受賞しました。また、同年より東京芸術大学教授となり、1967年(昭和42)に停年退官後は、同大学名誉教授となるとともに、愛知県立芸術大学で教授として、後進の指導にあたります。
 一方で、1951年(昭和36)に彫刻家集団・SASを結成、1963年(昭和38)には国画会と合同、その彫刻部会員として、1975年(昭和50)の退会まで同会に出品しました。1983年(昭和58)には文化功労者として顕彰されましたが、1987年(昭和62)2月2日に、東京都新宿区の自宅において、87歳で亡くなっています。

〇山本豊市の代表的な作品

・『トルソ(胴)』(1921年)第8回日本美術院展入選
・『腰かけた女』(1925年)
・『スペインの娘』(1926年)
・『岩戸神楽』(1936年)第1回改組帝展出品
・『頭像』(1952年)第5回毎日美術賞受賞
・『エチュード』(1952年)第5回毎日美術賞受賞
・『とぶ』(1957年)
・『女の顔』(1958年)芸術選奨文部大臣賞受章
・『立女』(1959年)第4回新樹会展出品
・『大船観音』(1960年)

〇同じ日の過去の出来事(以前にブログで紹介した記事)

1929年(昭和4)東京の日比谷公園に日比谷公会堂(当時東洋一の規模)が開場する詳細
1956年(昭和31)日本とソビエト連邦が「日ソ共同宣言」に調印する詳細