イメージ 1

 今日は、平成時代の1993年(平成5)に、小説家井伏鱒二の亡くなった日です。
 井伏 鱒二(いぶせ ますじ)は、明治時代後期の1898年(明治31)2月15日に、広島県安那郡加茂村(現在の福山市)の旧家で地主だった、父・井伏郁太、母・ミヤの次男として生まれましたが、本名は井伏滿壽二(いぶし ますじ)と言いました。旧制広島県立福山中学校(現在の県立福山誠之館高等学校)を経て、1919年(大正8)に早稲田大学予科に入り、文学部仏文学科に進みます。
 一時、日本美術学校にも籍を置きましたが、共に中退し、1923年(大正12)には同人誌「世紀」に参加し、『幽閉』を発表しました。その後、同人雑誌を転々としたり、出版社に勤めたりして、長く苦難の修養生活を送り、1928年(昭和3)に『鯉』を「三田文学」、翌年『山椒魚』を「文芸都市」に発表して、文壇に登場します。
 1930年(昭和5)には創作集『夜ふけと梅の花』を刊行、ユーモアとペーソスをにじませる独特の作風で作家としての地位を確立しました。1938年(昭和13)に『ジョン萬次郎漂流記』で第6回直木賞を受賞し、「文学界」誌の同人となります。
 戦時下の1941年(昭和16)には、陸軍に徴用されてシンガポールに派遣され、翌年帰国しましたが、空襲が激化した1944年(昭和19)から地方へ疎開しました。戦後東京に戻り、『本日休診』(1949~50年)で第1回読売文学賞小説賞、『漂民宇三郎』(1954~55年)で日本芸術院賞、『黒い雨』(1965~66年)で第19回野間文芸賞と数々の文学賞を受賞します。
 また、1960年(昭和35)に芸術院会員、1966年(昭和41)に文化功労者・文化勲章、1990年(平成2)に名誉都民と各種の栄誉にも輝きました。しかし、1993年(平成5)7月10日に、東京において、95歳で亡くなっています。

〇井伏鱒二の主要な著作

・『鯉』(1926年)
・『山椒魚』(1929年)
・『屋根の上のサワン』(1929年)
・『川』(1932年)
・『集金旅行』(1937年)
・『ジョン万次郎漂流記』(1937年)第6回直木賞受賞
・『さざなみ軍記』(1938年)
・『多甚古村』(1939年)
・『引越やつれ』(1948年)
・『遙拝隊長』(1950年)
・『本日休診』(1949~50年)第1回読売文学賞小説賞受賞
・『漂民宇三郎』(1954~55年)第12回日本芸術院賞受賞
・『駅前旅館』(1957年)
・『珍品堂主人』(1959年)
・『黒い雨』(1965~66年)第19回野間文芸賞受賞
・『早稲田の森』(1972年)第23回読売文学賞随筆紀行賞受賞