ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

イメージ 1

 今日は、1962年(昭和37)に北陸本線の北陸トンネル(福井県敦賀市~南条郡南越前町)が開通した日です。
 総延長は13,870mあり、当時としては、上越線の清水トンネル(総延長9,702m)を抜いて、日本一の長さのトンネル(地下鉄を除く)でした。その後、1972年(昭和47)に山陽新幹線の六甲トンネル(総延長16,250m)が完成するまで日本一のトンネルでしたが、現在でも新幹線を除く在来線狭軌の鉄道トンネルとしては、日本一の長さ(地下鉄を除く)です。
 このトンネルは、当時の国鉄によって1952年(昭和27)頃から検討がはじめられ、1957年(昭和32)に着工しました。その後、5年ほどの工期を経て、開通にこぎつけたもので、その日には記念切手も出されました。
 また、このトンネルの掘削中に温泉が湧出し、敦賀トンネル温泉(北陸トンネル温泉)として利用されています。
 尚、1972年(昭和47)11月6日に、このトンネルを通過中であった急行「きたぐに」の食堂車で火災が発生し、30名の死者を出すという大惨事があり、その後、トンネル内の空調や安全対策の強化が図られることになりました。

〇現在の日本の鉄道トンネル長さベスト11(地下鉄・リニア実験線を除く)
 1. 青函トンネル(津軽海峡線) 53.9km
 2. 八甲田トンネル(東北新幹線) 26.5km
 3. 岩手一戸トンネル(東北新幹線) 25.8km
 4. 飯山トンネル(北陸新幹線) 22.2km
 5. 大清水トンネル(上越新幹線) 22.2km
 6. 新関門トンネル(山陽新幹線) 18.7km
 7. 六甲トンネル(山陽新幹線) 16.3km
 8. 榛名トンネル(上越新幹線) 15.4km
 9. 五里ヶ峯トンネル(北陸新幹線) 15.2km
 10. 中山トンネル(上越新幹線) 14.9km
 11. 北陸トンネル(北陸本線) 13.9km
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、1923年(大正12)に小説家有島武郎の亡くなった日で、武郎忌と呼ばれています。
 有島武郎は、明治時代後期から大正時代に活躍した小説家で、1878年(明治11)3月4日に、東京小石川(現在の東京都文京区)の実業家有島武の長男として生まれました。
 学習院中等科を卒業後、札幌農学校に進み、内村鑑三の感化でキリスト教に入信します。卒業後、1903年(明治36)に渡米してハバフォード大学,ハーバード大学大学院に学び、社会主義に傾き、ホイットマンらの影響を受けました。
 帰国後、1910年(明治43)に志賀直哉、武者小路実篤、有島生馬、里見弴らとともに同人「白樺」に参加することになります。その中で、小説『カインの末裔』、『生れ出づる悩み』、『或る女』などを発表し、人道主義文学の代表的作家として活躍しました。
 1922年(大正11)、思想と実生活の一元化を求め、有島農場の小作人への解放、邸宅・家財処理の意志を表明し、土地共有による農場無償解放を宣言することになります。しかし、1923年(大正12)6月9日、46歳で軽井沢にて波多野秋子と心中しました。
 尚、北海道ニセコ町にある「有島記念館」には、有島武郎に関連する資料がいろいろと展示されています。
 有島武郎の代表的な作品を以下にあげておきます。

〇有島武郎の代表的な作品
 <小説>
 「かんかん虫」
 「カインの末裔」
 「クララの出家」
 「或る女」
 「生れ出づる悩み」
 「凱旋」
 「骨」
 「酒狂」
 「文化の末路」
 「運命の訴へ」
 「星座」
 「小さき者へ」
 「実験室」
 「お末の死」

 <評論>
 「惜みなく愛は奪ふ」
 「宣言一つ」
 「二つの道」

 <童話>
 「一房の葡萄」
 「溺れかけた兄妹」
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、1985年(昭和60)に、大鳴門橋(おおなるときょう)が開通した日で、大鳴門橋開通記念日となっています。
 この橋は、兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市間の鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊り橋で、橋長は1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3mあり、2階構造になっていて、上部が6車線の自動車専用道用、下部が新幹線規格の鉄道用となっているのですが、現在は上部の自動車道の4車線が供用されているだけです。
 開通当初は、中央径間の長さ日本一の吊り橋でしたが、1988年(昭和63)開通の南備讃瀬戸大橋(香川県、中央径間1,100 m)と1998年(平成10)開通の明石海峡大橋(兵庫県、中央径間1,991 m)に抜かれました。
 建設にかかる経緯は、1970年(昭和45)7月に本州四国連絡橋公団が設立され、1973年(昭和48)9月 に本州四国連絡橋の工事に関する基本計画が指示され、1976年(昭和51)7月2日に起工式が行なわれ、1984年(昭和59)3月に橋桁がつながって、1985年(昭和60)6月8日の開通に至ったものです。
 その後、1998年(平成10)の明石海峡大橋の開通により、本四架橋ルートの1つである神戸淡路鳴門自動車道として供用されるようになり、近畿と四国をつなぐ重要ルートになりました。
 当初は、本州四国連絡橋公団が管理していましたが、民営化により2005年(平成17)10月1日から、本州四国連絡高速道路(株)が管理するようになったのです。
 また、1987年(昭和62)8月10日の道の日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」にも選定されました。
 尚、1985年(昭和60)4月に、大鳴門橋を望む位置に有料の「大鳴門橋架橋記念館」(鳴門市鳴門町土佐泊浦福池)が出来て、この橋に関する様々なことが展示されていて、観光名所ともなっています。
 さらに、2000年(平成12)4月に、大鳴門橋の橋桁下部に設置された延長約450mの遊歩道および展望台である「渦の道」(うずのみち)が開設(料金:大人510円、中高生410円、小学生250円)され、橋の中ほどまで歩いて行って渦潮を真下に見下ろすことができるようになりましたが、とても人気があって、2016年(平成28)8月16日に来場者数1,000万人を突破しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、1955年(昭和30)に第1回日本母親大会が開催された日で、母親大会記念日と言われています。
 この大会は、日常生活のいろいろな問題や教育、平和、民主的諸権利などについて母親の立場から話し合って、連帯することを目的に毎年開催されるものです。
 昭和時代中期の1955年(昭和30)6月7日に、「生命を生みだす母親は、生命を育て、生命を守ることをのぞみます」というスローガンの下に、第1回母親大会(東京・豊島公会堂)が開催され、約2,000名が参加しました。
 これは、1954年(昭和29)3月のビキニ環礁での水爆実験によって、操業中だった日本のまぐろ漁船第五福竜丸が被災を受け、日本婦人団体連合会会長平塚らいてうが抗議したのですが、これをきっかけに、1955年(昭和30)7月にスイスのローザンヌで、第1回世界母親大会が開催されることになり、これに先立って行われたものです。
 日本では、その後も女性団体・社会運動団体・労働組合・教育問題を取り扱う市民団体などで構成される実行委員会の主催で、県大会、地域・職場集会を積み重ねて、年1回継続して日本母親大会が開催され、全体会、分科会等が行われてきました。2017年(平成29)の第63回日本母親大会での参加団体は、全国47都道府県実行委員会と、50の中央団体となっています。
 以下に、日本母親大会のよびかけの一部を載せておきます。

〇日本母親大会のよびかけ(一部)
「戦争の恐怖を忘れさることのできないお母さん、家や財産も失ったお母さん。息子を戦争の犠牲にしたお母さん。子どもを学校に出せないお母さん、病院も食事も満足に与えられない子どもたちのお母さん、失業している若者のお母さん、働く職場をもてないお母さん、そして自分は幸福だが他の多くの母たちの幸福をねがっている母親、そういうすべての母親が集まるのです。
原子兵器の製造とか水爆の実験とか、また戦争になるのではないかとの不安が私たちをおそいます。すべての子どもの幸福を守るために世界のお母さんと話しあいましょう。婦人の権利をかちとるために、みんなで話しあいましょう。母と子どもが安心して住める世の中をつくるために、お母さんの力を結集しましょう。日本母親大会に集まりましょう。」
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、小説家新田次郎が、1912年(明治45)に生まれた日です。
 新田次郎は、昭和時代に活躍した小説家で、本名は、藤原寛人といい、1912年(明治45)6月6日に、長野県諏訪郡上諏訪町(現在の長野県諏訪市)で生まれました。
 旧制諏訪中学校(現在の県立諏訪清陵高等学校)から、無線電信講習所本科へと進み、1935年(昭和10)に神田電機学校(現在の東京電機大学)を卒業したのです。その後、中央気象台にはいり、富士山観測所、満州国中央気象台などに勤務しました。
 太平洋戦争後、小説を書き始め、1951年(昭和26)に『強力伝』が『サンデー毎日』の懸賞小説に当選、同作を収めた処女作品集『強力伝』で、1956年(昭和31)に直木賞を受賞したのです。
 その後も気象庁に勤めながら小説を書き続け、1966年(昭和41)に退職後は、作家活動に専念することになります。
 『八甲田山死の彷徨』(1971年)、『武田信玄』(1969~73年)、『栄光の岩壁』 (1973年) などの山岳・歴史小説を次々と発表し、1974年(昭和49)には吉川英治文学賞しました。しかし、1980年(昭和55)2月15日 に心筋梗塞のため、東京都武蔵野市の自宅にて、67歳で亡くなっています。
 以下に、新田次郎の主要作品をあげておきます。

〇新田次郎の主要作品
『強力伝』朋文堂(旅装新書) 1955
『孤島 他四篇』光和堂 1956
『氷原・鳥人伝』新潮社(小説文庫) 1956
『火山群』新潮社 1957
『蒼氷』大日本雄弁会講談社 1957
『算士秘伝』大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1957
『吹雪の幻影』朋文堂 1957
『はがね野郎』大日本雄弁会講談社 1958
『慶長大判』大日本雄弁会講談社 1958
『この子の父は宇宙線』講談社ロマン・ブックス 1958
『縦走路』新潮社 1958
『風の中の瞳』東都書房 1958
『ひとり旅』秋元書房 1959
『黒い顔の男』新潮社 1959
『最後の叛乱』角川書店 1959
『冬山の掟』新潮社 1959
『海流』講談社 1959
『沼 推理小説』東都書房 1960
『永遠のためいき』新潮社 1960 
『青い失速』講談社 1960
『石壁の掟』新潮社 1960
『絵島の日記』講談社 1960
『壷鳴り』東都書房 1961
『隠密海を渡る』新潮社 1961
『温暖前線』集英社 1962
『雪に残した3』新潮社(ポケット・ライブラリ) 1962
『錆びたピッケル』新潮社 1962
『風の遺産』講談社 1962 
『異人斬り』集英社 1962
『道化師の森』講談社 1963
『風雪の北鎌尾根』新潮社 1963
『寒冷前線』朋文堂(ケルン新書) 1963
『神々の石壁』講談社 1963
『かもしかの娘たち』集英社 1964
『梅雨将軍信長』新潮社 1964
『消えたシュプール』講談社 1964
『岩壁の九十九時間』新潮社 1965
『望郷』文芸春秋新社 1965
『白い野帳』朝日新聞社 1965
『高校一年生』秋元書房 1965
『高校二年生』秋元書房 1966
『火の島』新潮社 1966
『まぼろしの軍師』人物往来社 1967
『夜光雲』講談社 1967
『富士山頂』文芸春秋 1967
『先導者』新潮社 1968)
『黒い雪洞』講談社 1968)
『槍ヶ岳開山』文芸春秋 1968
『神通川』学習研究社 1968
『まぼろしの雷鳥』講談社 1969
『ある町の高い煙突』文芸春秋社 1969
『孤高の人』新潮社 1969
『武田信玄』文芸春秋 1969-1973
『思い出のともしび 新田次郎青春記』秋元書房 1970
『笛師』講談社 1970 講談社文庫 1975
『山旅ノート』山と渓谷社(山渓新書) 1970
『三つの嶺』文芸春秋 1970
『霧の子孫たち』文芸春秋 1970
『芙蓉の人』文芸春秋 1971
『昭和新山』文芸春秋 1971
『赤毛の司天台』中央公論社 1971
『東京野郎』三笠書房 1971
『八甲田山死の彷徨』新潮社 1971
『つぶやき岩の秘密』新潮社(新潮少年文庫) 1972
『凍った霧の夜に』毎日新聞社 1972
『北極光』二見書房 1972
『六合目の仇討』廣済堂出版 1973
『栄光の岩壁』新潮社 1973
『雪の炎』光文社 カッパ・ノベルス 1973
『怒る富士』文芸春秋 1974
『雪のチングルマ』文芸春秋 1974
『アラスカ物語』新潮社 1974
『富士に死す』文芸春秋 1974
『銀嶺の人』新潮社 1975
『犬橇使いの神様』文芸春秋 1975
『空を翔ける影』光文社(カッパ・ノベルス 1976
『山が見ていた』光文社(カッパ・ノベルス 1976
『白い花が好きだ』光文社 1976
『聖職の碑』講談社 1976
『小説に書けなかった自伝』新潮社 1976
『アルプスの谷 アルプスの村』(新田次郎全集 第22巻) (新潮社 1976)
『陽炎』毎日新聞社 1977
『武田三代』毎日新聞社 1977
『剣岳: 点の記』文芸春秋 1977
『鷲ケ峰物語』講談社 1977
『小笠原始末記』毎日新聞社 1977
『河童火事』毎日新聞社 1977
『先導者・赤い雪崩』新潮文庫 1977
『続・白い花が好きだ』光文社 1978
『風雪の北鎌尾根・雷鳴』新潮文庫 1978
『冬山の掟』文春文庫 1978
『珊瑚』新潮社 1978
『新田義貞』新潮社 1978
『密航船水安丸』講談社 1979
『ラインの古城』文芸春秋 1979
『マカオ幻想』新潮社 1980
『孤愁』文芸春秋 1980
『氷原・非情のブリザード』新潮文庫 1980
『武田勝頼』講談社 1980
『遥かなる武田信玄の国』新人物往来社 1980
『私の取材旅行』文芸春秋 1981
『山が見ていた』文春文庫 1983
『六合目の仇討』新潮文庫 1984
『万治の石仏』草原社文庫 1988
『武田信玄 アルバム&エッセイ』新人物往来社 1987
『きびだんご侍』新潮文庫 1988)
『孤愁=SAUDADE: サウダーデ』文芸春秋 2012
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ