ガウスの歴史を巡るブログ(その日にあった過去の出来事)

 学生時代からの大の旅行好きで、日本中を旅して回りました。その中でいろいろと歴史に関わる所を巡ってきましたが、日々に関わる歴史上の出来事や感想を紹介します。Yahooブログ閉鎖に伴い、こちらに移動しました。

イメージ 1

 今日は、1875年(明治8)に最初の屯田兵が北海道の琴似(現在の札幌市西区)に入植した日です。第1回の移住者は198戸の965名(青森49戸、宮城93戸、酒田8戸、他道内48戸)で、5月14日に青森を通斉丸で発ち、16日に小樽に到着しました。その後、徒歩・馬等で移動し、17日に琴似に入植したのです。
 屯田兵は、明治時代に北海道に設置された警察権をもつ憲兵で、士族を資格とする世襲制の軍隊とし、農業開拓を進めるために家族を伴ない、戸主は軍事訓練を受けて非常の変に備えることになっていました。1874年(明治7)に制度(屯田兵例則)が設けられ、翌年から実施、1904年(明治37)に廃止されるまで続いたのです。
 現在でも、北海道各地に屯田兵に関わる遺跡が残されていますが、札幌市北区には、1988年(昭和63)に屯田兵による開拓100年の歴史を記念して「屯田郷土資料館」が開設されました。実物大の屯田兵の家屋が再現され、内部の土間やいろりなどによって、入植当時の屯田兵の生活をうかがい知ることができます。また、新琴似神社境内には、「新琴似屯田兵中隊本部」の建物が保存されていて、内部には、屯田兵ゆかりの従軍記章や屯田兵手帳はじめ、さまざまな農具、生活用品などが展示されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、旅の日です。松尾芭蕉が『奥の細道』に旅立った日(旧暦元禄2年3月27日)を新暦に換算すると5月16日になるので、それにちなみ、1988年(昭和63)に日本旅のペンクラブが提唱したものです。
 松尾芭蕉は、江戸時代の俳聖で、1644年(寛永21)に生まれ、伊賀の武士出身といわれ、さび・しおり・細みで示される幽玄閑寂の蕉風俳諧を確立しました。その生涯は日本各地を旅して、名所旧跡を回り、歌枕を巡り、様々な人とまじわっています。それは、『笈の小文』、『更級紀行』、『野ざらし紀行』などの書物に著されていますが、最も有名なのは晩年の『奥の細道』の旅です。そして、最後に西へ向かって旅立ち、大阪の南御堂で門人に囲まれて、1694年(元禄7)に息を引き取ったと伝えられています。まさに旅に生き、旅に死するの境地で、辞世の句も「旅に病んで夢は枯れ野を かけ廻る」というものでした。
 『奥の細道』は、松尾芭蕉が書いた紀行文で、最も代表的なものです。1689年(元禄2)の3月27日(新暦では5月16日)に深川芭蕉庵を愛弟子の河合曾良一人を連れて出立し、東北・北陸地方を回りながら、弟子を訪ね、歌枕を巡って歩いた日数150日、旅程600里に及ぶ大旅行のもので、9月6日(新暦では10月18日)に大垣から伊勢へ旅立つところで、結びになっています。また、近年芭蕉の自筆本が発見されて話題になりました。
 私も、その足跡をたどって何度か旅したことがありますが、各所に句碑が立てられ、史蹟として保存されている所も多く、資料館などもあって、いにしえの芭蕉の旅をしのぶことができます。
 以下に、『奥の細道』の冒頭部分を載せておきますのでご参照ください。

〇『奥の細道』冒頭部分

<冒頭> 
 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふるものは、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。よもいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋にくもの古巣をはらひて、やや年も暮、春立てる霞の空に白河の関こえんと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取るもの手につかず。ももひきの破れをつづり、笠の緒付けかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まず心にかかりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
  草の戸も 住替る代ぞ ひなの家
面八句を庵の柱にかけ置く。

           紀行文『おくの細道』 松尾芭蕉著より
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、沖縄返還45周年の日、つまり、「沖縄返還協定」が発効した日です。
 太平洋戦争末期、1945年(昭和20)6月に沖縄島が陥落し、アメリカ軍の占領下に置かれることになりました。戦後、1952年(昭和27)の日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)で、日本は占領下から脱したものの、沖縄や奄美、小笠原は引き続き、アメリカ合衆国の施政権下に置かれるものとされたのです。この施政権下では、日本とは違う通貨(B円→米ドル)が使われ、車は右通行、日本本土から沖縄へ行くのにはパスポートが必要など、アメリカ流の施策が行われてきました。「行政主席」(当初は米国民政府による直接任命)を行政の長とする琉球政府を置き、公選の議員で構成される立法機関「立法院」を設けるなど一定の自治を認めたものの、最終的な意思決定権はアメリカが握ったままでした。この中で、アメリカ軍は沖縄各地に半ば力ずくで基地や施設を建設し、またアメリカ軍兵士による重大事件が頻発し、県民の被害者も相次ぐことになります。これに対し、県民有志は「島ぐるみ闘争」といった抵抗運動を起こし、1960年(昭和35)には沖縄県祖国復帰協議会(復帰協)を結成したのです。その後、沖縄住民の祖国復帰運動がねばり強く続けられ、1968年(昭和43)には、屋良朝苗氏を初の公選主席に当選させるほどに運動は高揚し、1971年(昭和46)6月17日に「沖縄返還協定」の調印、1972年(昭和47)5月15日の施政権返還というかたちで、沖縄の本土復帰が実現することになりました。
 「沖縄返還協定」は、昭和時代後期の1971年(昭和46)6月17日に、宇宙中継を通じて東京とワシントン D.C.で署名された、日本とアメリカ合衆国との条約です。この条約は、1969年(昭和44)11月、ワシントンにて佐藤栄作内閣総理大臣と、リチャード・ニクソンアメリカ合衆国大統領との会談後発表された共同声明に基づいて、交渉を行ない合意に達したものでした。正式には「琉球諸島および大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」といい、翌年の5月15日に、批准書が交換されて、発効したのです。前文と本文9ヶ条から成り、その内容は、前文で「サンフランシスコ平和条約」第3条の規定に基づくすべての権利及び利益を日本国のために放棄するとし、本文では、(1)沖縄の施政権の返還についての確認、(2)アメリカ合衆国との間に締結された条約及びその他の協定の適用の確認、(3)アメリカ軍基地の存続についての確認、(4)アメリカ軍や政府に対する請求権の放棄等について、(5)裁判、訴訟等の効力について、(6)日本政府に移転する沖縄の財産について、(7)総額3億2千万ドルをアメリカ政府に支払う、(8)5年間にわたり沖縄島におけるヴォイス・オヴ・アメリカ中継局の運営を継続すること、(9)批准書の交換についてを規定していました。この協定発効後、沖縄の施政権が返還され、沖縄県が復活しました。
 しかし、その内容は沖縄住民の要求とはかけはなれたもので、今でも県内に多くのアメリカ軍基地(県全体面積の1割強)が残され、基地騒音やアメリカ兵による犯罪などいろいろな問題が表面化しています。その上、県民多数の反対にもかかわらず、政府は名護市辺野古への基地建設を強行していて、重大な局面になっています。今までの沖縄県の苦渋の歴史を考えると、できるだけ基地負担を軽減し、平和を守っていく道を求めていくべきではないでしょうか。
 沖縄県最北端の辺戸岬には、沖縄県祖国復帰協議会が建てた祖国復帰闘争碑があり、現地に行ったことがありますが、はるか日本本土を臨んで、祖国復帰の日を待ち望んでいた沖縄の人々の気持ちが伝わってくるようでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20)の名古屋空襲で名古屋城が焼失した日です。大小天守や本丸御殿など国宝建造物24棟が焼失してしまいました。当時では、姫路城を凌駕するほどの城郭建築群だったので、残っていれば世界遺産になるのは間違いなく、まったく惜しまれてやみません。
 この空襲は、B-29爆撃機440機によるもので、家屋21,905棟が被災、66,585人が罹災し、死者338人、負傷者783人に上りました。
 江戸時代には、100以上の城郭に天守があったとされていますが、幕末明治維新期に多くが失われ、大正時代までには、20になってしまっていました。さらに、太平洋戦争で7つ(水戸城、名古屋城、大垣城、和歌山城、岡山城、福山城、広島城)が失われ、戦後の1949年(昭和24)の火災で松前城天守を焼失し、現存するのは、12天守だけとなっています。
 太平洋戦争では、城郭天守以外にも多くの貴重な文化財を焼失しており、日本の文化を伝える上でも大きな損失でした。このようなことは、二度と繰り返してはならないと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イメージ 1

 今日は、昭和時代前期の1930年(昭和5)に、小説家田山花袋の亡くなった日です。
 明治時代後期から昭和時代前期に活躍した小説家で、本名は田山録弥といい、1871年(明治4)年12月13日、旧館林藩の下級武士の家の次男として生まれました。
 父鋿十郎は上京し、警視庁巡査となりましたが、1877年(明治10)の西南戦争に従軍し戦死しています。
 以後、田山家は困窮した生活を続け、花袋も丁稚奉公に出されたこともありました。しかし、館林東学校に通いつつ、旧館林藩儒学者の吉田陋軒に漢学を学び、この頃から漢詩や和歌に興味を持ち、雑誌に投稿するようになります。
 14歳の1886年(明治19)に一家で、東京に移り住んだ花袋は、1891年(明治24)、尾崎紅葉を訪れ、小説家を志します。西欧文学に刺激されて、日本での新しい文学にチャレンジ、日露戦争の時は従軍記者にもなりました。
 1907年(明治40)『蒲団』の発表により、日本の自然主義文学の確立者として、文壇に地位を得ました。続いて、『生』、『妻』、『縁』の三部作や、『田舎教師』を発表して注目されます。
 紀行文にも定評があり、晩年には歴史小説や、心境小説にも取りくみましたが、1930年(昭和5)5月13日、58歳で亡くなっています。

〇小説「田舎教師」とは?

 田山花袋の代表作の一つ、明治時代後期の1909年(明治42)に出版された小説で、自然主義文学では、島崎藤村の「破戒」と並ぶ双璧とされています。
 この小説は、妻の兄に当たる当時の建福寺(文中では成願寺)住職太田玉茗(文中では山形古城)から、肺結核のため、21歳で亡くなった青年教師小林秀三(文中では林清三)の話を聞いたことがきっかけになったそうです。
 彼は、埼玉県第二中学校(現熊谷高等学校)卒業後、弥勒高等小学校に準教員として3年間勤務し、建福寺にも下宿したことがありました。死後残された日記を読んで、丹念に実地踏査をし、5年の歳月を経て、出版されたのです。
 その結果、当時の埼玉県北部(熊谷、行田、羽生等)の様子を彷彿とさせる記述となっていて、実在の場所や建物がたくさん登場します。特に、農村の風景を描いた描写は秀逸で、のどかな田野の情景を垣間見るような気になります。
 尚、埼玉県羽生市にある「羽生市立郷土資料館」には関連する資料が展示されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ